« フランス語、イタリア語 役立つ料理用語 肉類編 | トップページ | フランス語,イタリア語役立つ料理用語肉類編part2 »

ドーフィネ風ジャガイモのグラタン(仏Gratin Dauphinois)

ドーフィネ風ジャガイモのグラタン(仏Gratin Dauphinois)

Ca1s6mc8 Cac8tu5j

グラタンとは本来、鍋にこびりついた食べ物の部分のことであり、
失敗した焼き料理のお焦げがおいしかったところからはじまったといわれます。
引っ掻いて(Gratter=グラテ)こそげ落とすことからグラタンと呼ぶようになったと言われ、
フランスのサボワ・ドーフィネ地方が起源といわれていますヨ。
これが転じて19世紀以降、料理の表面に軽いこげ目を作る調理法と、
できあがった料理そのものをグラタンと呼ぶようになった。
ドーフィネ地方は
フランス南東部の地域圏のローヌ・アルプ地方の中でも、
アルプス山脈のサヴォワ地方ではなく
ローヌ河の近くのイゼール県グルノーブル周辺をさします。

Mapfrance Mapregionrhonealpes 

また、ドーフィネ地方はグラタンの国と呼ばれ、
ファルソンFarçon
牛肉とジャガイモのグラタンGratin de Hachis aux Tomate
ジャガイモのトリュフ風味焼きPommes de Terre Sarladaise
ハム入りジャガイモの詰め物Pommes de Terre Farcies au Jambon Cuit
タルティフレットTartiflette
・・・・・
などなど、他にも数え切れないほど
色々なグラタンがあります。
アルプス産の牛乳と濃い生クリーム、
近郊で作られる硬質チーズ、そして、フランスのお母さん
《ママン》のおかげですネ。

材料

じゃがいも(メークイン)・・・500g 
ニンニク・・・・・・・・・・3かけ 
バター(塗る用)・・・・・・・20g
生クリーム・・・・・・・・・150g 
牛乳・・・・・・・・・・・・200g 
塩、胡椒・・・・・・・・・・適量 
ナツメグ・・・・・・・・・・適量
バター(上に散らす用)・・・・40g

作り方

①オーブンを180℃~200℃に温めときます。
②ニンニクの皮をムキ、半分にカットしてグラタン皿に切った面をこすりつける。
(残りのニンニクはスライスしておく)
③その上からバターを薄く塗る。
④じゃが芋は皮をむき、2mmくらいの厚さにスライスして、ニンニクとバターを塗った器に入れます。
⑤容器に塗った残りのスライスしたニンニクをその上から散らします。
⑥生クリーム・牛乳・塩・胡椒・ナツメグを混ぜ合わせ、グラタン皿に流しいれます。
⑦所々に刻んだバターを散らし、温めておいたオーブンで約30~40分焼きます。
⑧美味しそうな焦げ目が付いて、ジャガイモが柔らかくなれば、出来上がり。

チーズ(粉チーズやとろけるチーズ)をかけても美味しいですヨ。
その場合はジャガイモが柔らかくなり、、出来上がったところに
上からチーズをかけ、さらに焼いて仕上げましょう。

時間を短縮したいなら、あらかじめじゃがいもをゆでておいてもOK
ベーコンや玉葱を炒めて加えてもOK
ナツメグやニンニクを入れなくてもOK
生クリームを入れないで、牛乳だけでもOK

翌朝、あまったグラタンをパンにはさんでも美味しいですヨ

分量はあくまでも参考の目安なので、
好みに応じて作ってみてくださいネ。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

|

« フランス語、イタリア語 役立つ料理用語 肉類編 | トップページ | フランス語,イタリア語役立つ料理用語肉類編part2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

w(゚o゚)w あら~……(ノ゚ο゚)ノ!
小麦粉、ほんとは使わないんですね!
もしかして、私たちが通常食べてるグラタンは、
ジャパニーズグラタンだったりして…(^-^;

投稿: hiromi | 2009年4月25日 (土) 14時10分

hiromiさん、メッセありがとうございます。
小麦粉・・・が入るグラタン・・・
いわいる、ホワイトソースを使うグラタンも
もちろんフランスには存在しますヨ。
ちなみにグラタンと似てる《ドリア》は、
フランス語のdoriaの外来語で、
フランス、パリのレストランがイタリア・ジェノバ名家のドリア一族のために作られたのが始まりだとか。作られた当初はトマト、キュウリ、タマゴなど、
イタリア国旗を表す3色の食材を使用した料理のことを指していたそうです。
(現在のドリアとはちょっと違うものでした。)
現在の《ドリア》の形になったのは、
スイス人で横浜ホテルニューグランド料理長の
サリー・ワイル氏が銀行家の要望を受け、即興で作ったシュリンプ・ドリア・グラタンがもとになっています。

投稿: ひろ | 2009年4月25日 (土) 22時28分

ひろさんこんばんは。遊びにこさせていただきました。「おおざっぱレシピ」のtaberryです。
すごく学術的で詳しくって勉強になります!
コメントの書き方とかわからない素人ですが、これからもよろしくおねがいします。

投稿: taberry | 2009年4月26日 (日) 22時47分

ひろさんこんにちはcoldsweats01
イメージしてたグラタンと違って グラタンにもイロイロあるんですねおいしかったですsmile
ひろさんのブログはいつも 驚きいっぱいで楽しいnotesですね

投稿: メープルまま | 2009年4月27日 (月) 15時59分

taberryさん(^^)
メッセありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。そちらのサイトもちょくちょくのぞかさせていただきます(^^)

投稿: | 2009年4月27日 (月) 16時16分

メープルママさん、グラタンも色々あって、楽しいですネ(^^ゞ

投稿: ひろ | 2009年4月27日 (月) 16時18分

去年グルノーブルで食べたグラタンを再現したくて検索したらこのページにヒットしました。ありがとうございます! とてもステキですね、他にもいろいろトライしてみたいです。

投稿: kiko | 2011年9月 1日 (木) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536006/44776565

この記事へのトラックバック一覧です: ドーフィネ風ジャガイモのグラタン(仏Gratin Dauphinois):

« フランス語、イタリア語 役立つ料理用語 肉類編 | トップページ | フランス語,イタリア語役立つ料理用語肉類編part2 »