« フランス語、イタリア語 役立つ料理用語 調理法(火の通し方)編 | トップページ | ベアルネーズソース(仏Sauce béarnaise) »

とうもろこしとチキンのモモ肉のリゾット(伊Risotto con coscia di pollo e mais)

とうもろこしとチキンのモモ肉のリゾット
(伊Risotto con coscia di pollo e mais)

Cavrdp47

今回はリゾットにしました。
とうもろこしが安かったので、
鶏のモモ肉と組み合わせてみました。

リゾット(Risotto)は、
米(Riso)と最高(ottimo)を合わせた言葉ですが、
もともとイタリアで食べられてきた麦類の料理に
中東から伝播した米が融合して出来た料理とされています。
スペイン料理のパエリアから、由来されてるともいわれています。
昔はイタリア北部に限定された料理でしたが、
近年イタリア全土に広がりました。
今回、イタリア米を使いましたが、
イタリア米と日本のお米の違いは、
イタリア米は粘り気が少なくて炊いても煮崩れしにくいです。
イタリア米の種類でもっともポピュラーなのは【カルナローリ種】。
煮崩れしにくくリゾットに最適といわれてます。

Ca8qqv81

やや粒が大きめの【アルボーリオ種】や
丸みを帯びた形の【ヴィアローネ・ナーノ種】というのも
イタリアではポピュラーなお米とされています。
ミラノの郊外は、田んぼの広がる田園地帯でもあるほど
ピエモンテ、ベネト、ロンバルディアなど
北イタリアの地方はパスタよりもリゾット文化が盛んです。


材料(2人前)
イタリア米(カルナローリ種)・・120g
オリーブ油・・・・・・・・・・・・・・・30cc
玉葱(みじん切り)・・・・・・・・・・100g
白ワイン・・・・・・・・・・・・・・・・・30cc
ブイヨン約・・・・・・・・・・・・・・・・500cc
とうもろこしのスープ・・・・・・・・50cc
鶏もも肉・・・・・・・・・・・・・・・・・50g
とうもろこし(焼いたもの)・・・・・40g
バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20g
パルミジャーノ・・・・・・・・・・・・・20g
塩、胡椒

まずは、とうもろこしスープの作り方から。

材料
とうもろこし(生)・・・・100g
チキンブイヨン・・・・・・100cc
水・・・・・・・・・・・・・・・・100cc
作り方
①とうもろこしはナイフで、実をそぎ落とします。
②すべての材料を鍋に入れ火にかけます。
③25分煮てミキサーで回してシノワで漉します。
④再び火にかけ、アクをよく取り除きます。
以上です。

Img10594769005_2 ←シノワです。

再び、リゾットの作り方です。
①とうもろこしは網などにのせて、焼きとうもろこしにして実を包丁などでとっておきます。
②玉葱はみじん切りにしておきます。
③チキンコンソメなどで、チキンブイヨンを作っておきます
④鍋にオリーブ油を温め玉葱のみじん切りを軽く炒めます。
⑤洗わない米を加え、軽く炒めます。
⑥米が熱くなったら、チキンブイヨンを米がひたひたになるくらいの分量を加え煮込みます。
(鍋によって違いますが、15~20分位煮ます)
⑦別のフライパンで適当な大きさにカットした鶏肉を炒めます。
⑧焼いたとうもろこし、チキン、そして、とうもろこしスープを加えます。
⑨途中、水分が減ってきたら、チキンブイヨンを足します。
⑩米の硬さがよくなってきたら、塩、胡椒、バターを加えかき混ぜます。
⑪火を止めてパルミジャーノを加え、さらにかき混ぜて、出来上がりです。

ポイントとしては
①お米洗わずに加えて炒める。
②白ワインを加える。
③ブイヨンはいっぺんに加えないで、少しずつ加える
④お米はアルデンテに仕上げ、パルミジャーノとバターでつやつやに仕上げる。
⑤お米はイタリア産のがなければ無洗米などを使うといいでしょう。
⑥仕上がりの目安は、
お皿にリゾットを盛って皿の裏を軽くトントンとたたくと
波打つように広がる状態が良いとされています。

とうもろこしスープを加えなくてもOK
お米を日本米で作ってもOK
具を変えてもOK
余ったリゾットを焼いて、焼きリゾットにしても美味しいですよ。

Cauh500n

分量はあくまでも参考の目安なので、
好みに応じて作ってみてくださいネ。

にほんブログ村 料理ブログへポチッと押してくれると、私のポイントになる仕組みになっています。気に入ったら、ポチッと応援お願いいたしますペコリ。
にほんブログ村

|

« フランス語、イタリア語 役立つ料理用語 調理法(火の通し方)編 | トップページ | ベアルネーズソース(仏Sauce béarnaise) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ひろさん
とうもろこしとチキンのモモ肉のリゾット
美味しそう
素敵な料理 レシピ 嬉しいです

コメント有り難うございます

こちらこそ 有り難うございます

投稿: ryuji_s1 | 2009年6月20日 (土) 21時19分

ひろさん
ピアディーナ
有り難うございます
嬉しいです

投稿: ryuji_s1 | 2009年6月20日 (土) 21時24分

ひろさん
またまたとても美味しそうですね!
リゾットというとトマトとかチーズとかを連想するので
とうもろこしスープだとどんな味になるのか食べてみたいですnote
焼きリゾットもいいですね〜

投稿: 姉子 | 2009年6月21日 (日) 01時56分

焼きリゾット…香ばしそう~heart01
リゾットでとうもろこしを使うレシピは初めて見ました。
ステキなレシピ有難うございます。

とうもろこしが出回る季節ですね(o^-^o)

投稿: エル | 2009年6月21日 (日) 06時55分

きゃーーーリゾット本格的~w(゚o゚)w
ちゃ~んとイタリア米使うところ
コーンも生から調理するところ(私なら缶詰 笑)
‥やっぱり本格的だぁ!
とろ~りクリーミーな仕上がりも食欲そそります。
ひろさんのリゾット見てると、何だか私のが雑炊に
見えてきた‥(´;ω;`)ウウ・・・

投稿: orihime | 2009年6月21日 (日) 09時49分

ひろさん
リゾット おいしかったですdelicious とうもろこしを使っているので優しい味clover
娘は焼きリゾットの方がお気に入りでしたdelicious

投稿: メープルまま | 2009年6月21日 (日) 23時04分

またまた美味しそうなお料理ですね

とうもろこしでスープまでとるなんて、とても本格的ですね。生のとうもろこしの風味が凄く美味しそうです~!
レシピを見ているだけで、とうもろこしの香りがして来る感じがしましたよ~(笑)

投稿: ぷく | 2009年6月22日 (月) 00時50分

シノワて何でしょう?

投稿: ママ | 2009年6月22日 (月) 15時58分

ryuji_s1さん、毎回毎回コメントありがとうございます。

投稿: ひろ | 2009年6月23日 (火) 17時47分

姉子さん、コメントありがとうございます。
実は、とうもろこしのリゾットは、
意外とポピュラーなんです。(^^♪
ぜひ、作ってみてはいかがですか?

投稿: ひろ | 2009年6月23日 (火) 17時50分

エルさん、コメントありがとうございます。
リゾットもいいですけど、
焼きリゾットもいいですよネ~(*^-^)
香ばしくて、最高~~~(笑)

投稿: ひろ | 2009年6月23日 (火) 17時52分

orihimeさん、コメントありがとうございます。
コーンはカンズメでも十分ですヨ。
いやいや・・・
orihimeさんの料理の腕前や、きれいな料理の写真にはかないません。
これからも参考にさせていただきます。ペコリ

投稿: ひろ | 2009年6月23日 (火) 17時56分

メープルままさん、コメントありがとうございます。
メープルままさんは、いつも早くに料理、試してくださいますネ。ありがとうございます。
私も、娘さんと同じく、焼きリゾット大好きです。

投稿: ひろ | 2009年6月23日 (火) 17時58分

ぷくさん、コメントありがとうございます。
とうもろこしスープは、牛乳などでのばせば、
コーンスープにもなりますヨ。
冷やしていただけば、結構おいしいです。

投稿: ひろ | 2009年6月23日 (火) 18時00分

ママさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
わかりずらい用語を使って申し訳ありません。ペコリ
シノワとは、ザックリ言うと、円錐状の形をした網です。そこに液体などをいれこすわけです。

投稿: ひろ | 2009年6月23日 (火) 18時04分

コメント、ありがとうございます。これから、夕食のメニユウが増える事、目指し、ブログ覗かせてください。

投稿: ママ | 2009年6月25日 (木) 08時24分

リゾットも 沢山 種類がありますが とうもろこしのリゾットは 初めてです。焼きリゾットも 初めてで…ちゃんとできるかなぁ〜。 頑張ってみます☆

投稿: ペペロンチーノ | 2009年6月25日 (木) 17時53分

ママさん、わざわざありがとうございます。
夕食・・・頑張ってくださいネ^^

投稿: ひろ | 2009年6月27日 (土) 11時42分

ペペロンチーノさん、コメントありがとうございます。
とりあえず、挑戦してみてください(゚ー゚)

投稿: ひろ | 2009年6月27日 (土) 11時43分

ひろさん、こんにちは。
「リゾット」にコメントを残してくださったので、もっと詳しいひろさんの「リゾット」を知ろうと思って遊びに来ました。やっぱりとろっとした仕上がりで、つやがあって「リゾット」らしいです。家の近くでは、このカルナローリ種のお米は見ないので、いつか目にとまったら、試してみようと思います。応援ぽちっ!
ソフィー

投稿: ソフィー | 2010年4月12日 (月) 10時11分

ソフィーさん、コメント、ありがとうございます。
いやいやいや!!
詳しいだなんて、、、、
ソフィーさんのリゾットの方が
本格的じゃないですか~
私の場合、家庭でも《簡単に》出来る
フレンチの紹介ですから^^
そうそう!!
カルナローリ種は、日本米と違い、
ベチョベチョしなくて、
リゾットには最適ですヨ。
ポチッの応援
ありがとうございます!!!

投稿: ひろ | 2010年4月12日 (月) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536006/45399545

この記事へのトラックバック一覧です: とうもろこしとチキンのモモ肉のリゾット(伊Risotto con coscia di pollo e mais):

« フランス語、イタリア語 役立つ料理用語 調理法(火の通し方)編 | トップページ | ベアルネーズソース(仏Sauce béarnaise) »