« フレッシュトマトとバジルの冷製カペッリーニ(伊Capellini alla checca) | トップページ | ティラミス (伊Tiramisu) »

カレイのムニエル、ケーパー入りレモンバターソース(仏carrelet à la meunière au beurre citron aux câpre )

カレイのムニエル、ケーパー入りレモンバターソース
(仏carrelet à la meunière au beurre citron aux câpre )

Ca83g8b6_2 Caxq5kxm 

ムニエル(仏meunière)とは、
フランス語で粉をひく水車(ムーラン 仏moulin)が語源で
粉屋風という意味。
別名「粉屋の娘風」という意味で呼ばれていたそうで、
父親の採った魚を娘が運ぶ途中、粉ひき小屋を通って行こうとした時に
あやまって、その魚を小麦粉の桶に落としてしまい、
急いでいたのでそのまま帰って、
小麦粉をまぶしてある魚をバターで焼いたら、
これが非常においしかったというわけで、
それからムニエルといえば、一般的に魚に塩、コショウで下味をつけ、
小麦粉をまぶしてバターで焼いた調理法の名前となったとか。
魚の周囲に薄い膜ができるので、旨味がそっくり生かされます。
今回はカレイでムニエルを作ってみました。

作り方
①カレイに塩、胡椒します。
②小麦粉を全体につけ、無駄な粉をよくはたきます。
③テフロンパンにバターを入れ温めます。
④バターが溶けたら粉をつけた魚を入れ、ソテーします。
⑤別のフライパンにバターをいれ火にかけます。
⑥バターが泡立ってきます。
⑦泡がおさまり、少し色が変わってきたら
⑧パセリのみじん切り、ケーパー、レモン汁をジュッと加えます。
(今回は醤油を少々加えました。)
⑨焼き上がった魚にレモンバターソースをかけて出来上がりです。
今回、付け合せはボイルジャガイモのバターソテーと
アスパラガスのバターソテーにしました。
(バターだらけ・・・・笑っ)
もちろんカレイ以外の魚でもOK
好きな香草を入れてもOKです。

にほんブログ村 料理ブログへポチッと押してくれると、私のポイントになる仕組みになっています。気に入ったら、ポチッと応援お願いいたしますペコリ。
にほんブログ村

|

« フレッシュトマトとバジルの冷製カペッリーニ(伊Capellini alla checca) | トップページ | ティラミス (伊Tiramisu) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ムニエルの語源にドラマがあったんですねdiamondすごく初歩的な質問で申し訳ないのですが、ケイパっつてsign02お料理の詳しくないわたしには、わからずに、、すみませんcoldsweats01

投稿: 食いしん坊 | 2009年8月 3日 (月) 17時27分

いつも美味しそうなレシピ有難うございますheart04
ケイパーとレモンの組合せは知りませんでした。
美味しそう…

投稿: エル | 2009年8月 3日 (月) 18時28分

…周囲に薄い膜が出来るので
うまみがそっくり生かされる…
なるほどsign01美味しいだけでなく、
ちゃんと意味があるんですねsign01
とってもわかり易く参考になりますshine
いつもありがとうございますhappy02

投稿: hiromi | 2009年8月 4日 (火) 01時12分

ひろさんこんにちはcoldsweats01
カレイは我が家ではほとんど食卓にのりませんが
たまたまスーパーにあったので 挑戦することにしましたsweat02 メープルぱぱがカレイを 3枚におろしてくれて delicious
ソースにバターを結構使ってるけど レモンでさっぱりしておいしかったですdelicious
前回のカペッリーニですが 実はメープルっ娘。は麺が全般的に苦手なんですcoldsweats02 ラーメン パスタ うどん などなど…(メープルぱぱも私もパスタ大好きナンデスけどgawk)そのメープルっ娘。が 「生まれて初めてパスタがおいしいと思ったlovely」とheart04heart04
ひろさん ありがとうございます

投稿: メープルまま | 2009年8月 4日 (火) 13時00分

本格派レシピゆえ、バターたっぷりの一皿ですね!

でも、とっても美味しそうだから、ひろさんにこのお料理作ってもらったら、私はソースもパンにつけて全て残さず、食べる自信あり!ですよ~(お皿がピカピカになるくらい・・)

ケッパー、バター、レモンの組合せ、暫く作ってなかったので無性に食べたくなりました・・

そうそう、帰りに応援の「ぽっちり」していきますね!

投稿: ぷく | 2009年8月 5日 (水) 19時00分

ムニエルってそんな逸話があったのですね。
バターと小麦粉と魚の油のまざったあのかおり大好きです。
夏野菜と一緒に頂いて夏バテなしですね。

ひろさん 先日は書き込みありがとうございました。
また遊びにきますね。

投稿: 直子姫 | 2009年8月 6日 (木) 12時09分

食いしん坊さん、コメントありがとうございます。
《ケーパー》とは、地中海沿岸原産のフウチョウソウボクという木の花のつぼみのことで、お店では、塩漬けとか、酢漬けで売っていますヨ。今回は酢漬けを使いました。

投稿: ひろ | 2009年8月 6日 (木) 17時14分

エルさん、コメントありがとうございます。
レモンとケーパーが入ったソースは、
フランス料理では、よく使われます。
試してみてください。

投稿: ひろ | 2009年8月 6日 (木) 17時16分

hiromiさん、コメントありがとうございます。
料理には色々ドラマがあるんですネ。
ブログを書くようになってから、
私も色々勉強になります。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: ひろ | 2009年8月 6日 (木) 17時18分

メープルままさん、コメントありがとうございます。
カペッリーニ・・・^^
よかったですネ。

投稿: ひろ | 2009年8月 6日 (木) 17時19分

ぷくさん、コメントありがとうございます。
そうなんです、
バターたっぷりの一品です。
お家で簡単フレンチって感じです(笑)

投稿: ひろ | 2009年8月 6日 (木) 17時21分

直子姫さん、コメントありがとうございます。
料理にはそれぞれの逸話があるのは、私もとても勉強になります。
これからも、よろしくお願いいたします。

投稿: ひろ | 2009年8月 6日 (木) 17時23分

ひろさん、こんにちは!相変わらず美味しそうですね〜。
こんなに素晴らしい食事、わたしには絶対作れないので作ってもらえたら嬉しいだろうな〜☆

そうそう!↓カッペリーニ(笑)
ありがとうございます^^ゞ
どうも日本人にはカペッリーニと発音しにくいというのもあるようですね〜。
和製イタリア語ってとこでしょうか。
5回挑戦して1回しか言えなかったわたしって・・・(笑

>プリン、もろ豆乳です^^ゞ
苦手な方はシロップありじゃないと無理だと思います〜。
特にわたしのレシピは甘さ控えめなので余計豆乳っぽさ満開です・・・(笑

投稿: うーら | 2009年8月 6日 (木) 18時01分

うーらさん、コメントありがとうございます。
カペッリーニ!!!(笑)
確かに言いずらいですよネ(笑)
私もたまに言い間違えます(笑)
あっ!!豆乳プリン!!!
お忙しいのにわざわざありがとうございます。

投稿: ひろ | 2009年8月 6日 (木) 21時14分

ひろさん
カレイのムニエル 美味しそうです

素敵なレシピ
有り難うございます


コメントうれしいです
クラテッロ・ディ・ジベッロ 美味しい生ハムですね

投稿: ryuji_s1 | 2009年8月11日 (火) 14時43分

ひろさん、さっそく私のブログにいらして頂いてありがとうございます!

こちらこそどうぞ宜しくお願いします!

ひろさんのブログで今日から語学のお勉強も開始!

カレイのムニエルにレモンバターソースがとってもおいしそうです!

ジャガイモもバターで・・・おいしそ!!

ひろさんはどうしてイタリア・フランス語ができるのですか?

投稿: みえ | 2009年8月11日 (火) 15時26分

ryujiさん、わざわざコメントありがとうございます。
こちらこそ、素敵なレシピありがとうございます。

投稿: ひろ | 2009年8月11日 (火) 16時20分

みえさん、コメントありがとうございます。
カレイのムニエルにレモンバターソース・・・
結構美味しかったですヨ。
本当のところは、舌平目でやりたかったのですが、
近所のスーパーになかったもんで・・・(笑)
語学は仕事柄です。
また、色々調べたりしながら、私も勉強中・・・
ってとこです。
お互い頑張りましょうネ。

投稿: ひろ | 2009年8月11日 (火) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536006/45817029

この記事へのトラックバック一覧です: カレイのムニエル、ケーパー入りレモンバターソース(仏carrelet à la meunière au beurre citron aux câpre ):

« フレッシュトマトとバジルの冷製カペッリーニ(伊Capellini alla checca) | トップページ | ティラミス (伊Tiramisu) »