« 鴨胸肉のフルーツサラダ オレンジドレッシング(仏Salade de canard et fruits vinaigre de orange) | トップページ | 茸のポタージュ(仏Potage de champignons) »

ポークスペアリブのカチャトーラ(伊Costina di maiale alla cacciatora)

ポークスペアリブのカチャトーラ
(伊Costina di maiale alla cacciatora)

Cahfxxx0 Ca0lffu1

Cacciatoreとはイタリア語で猟師・狩人の意味です。
だから本場ではうさぎや羊,
きじ、鳩の肉を煮込むようですが、
日本では今は鶏肉のトマト煮のことを一般に言います。
イタリアの猟師料理で、
捕った獲物をさばいて内臓も肉も一緒に
ハーブとワインで煮込んだ物がルーツだということです。
猟師が狩りに出かける時に持つワインやワインビネガーで
獲りたての野生動物のぶつ切りと山や野に生えるハーブなどを一緒に料理したのが由来のようです。

材料
豚スペアリブ・・・・・・・・700g
塩コショウ・・・・・・・・・・少々 
小麦粉・・・・・・・・・・・・適量 
オリーブオイル・・・・・・70cc
ニンニク・・・・・・・・・・・2片 
玉ネギ・・・・・・・・・・・・1ヶ(200g)
エリンギ・・・・・・・・・・・1パック(100g) 
シメジ・・・・・・・・・・・・・1パック(130g) 
ローリエ・・・・・・・・・・・2枚 
ローズマリー・・・・・・・3枝 
白ワイン・・・・・・・・・・200cc
水煮トマト(缶)・・・・・・1缶(400g)
固形スープの素・・・・・1個 
水・・・・・・・・・・・・・・・・200cc

作り方
玉葱はスライス、にんにくは皮をむいて潰しておきます。
シメジはばらし、エリンギは適当な大きさにカットします。
Ca6z5n7b

オリーブオイルと潰したニンニクを鍋に入れ火にかけます。
ニンニクの香りが十分出たら玉葱スライスを加え中火程度でソテーします。
玉葱が甘みが出てきたら茸を加えさらにソテーします。
Catdpd7t

豚スペアリブに塩、胡椒をして、小麦粉をまぶします。
注:余分な粉ははたいて落とします。
テフロンのフライパンにオリーブ油を温め肉を焼きます。
中火~強火で、肉全体にきれいに焼き色をつけます。
Caxorx3n

肉を取り出して玉葱と茸の鍋に入れます。
注:焼き油は入れないようにします。
白ワインを加え煮詰めます。
トロミが出てきたら、水煮トマトを潰しながら加えます。
固形スープの素、水、ローズマリー、ローリエを加え入れ、40分位煮込みます。

Caojwzq5

途中、水分がなくなってきたら、水を足しましょう。

もちろん、野菜を沢山入れて、具沢山煮込みにしてもOK
ピーマンやパプリカを加えるとローマ風カチャトラになります。
肉を鶏肉にしてもOK
鶏肉の場合は骨付きがいいでしょう。

お子様向けにするなら、白ワインを控えめにしましょう。

分量はあくまでも参考の目安なので、
好みに応じて作ってみてください。

にほんブログ村 料理ブログへ←ポチッと押してくれると、私のポイントになる仕組みになっています。気に入ったら、ポチッと応援お願いいたしますペコリ。
にほんブログ村

|

« 鴨胸肉のフルーツサラダ オレンジドレッシング(仏Salade de canard et fruits vinaigre de orange) | トップページ | 茸のポタージュ(仏Potage de champignons) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ヒロさん、こんばんは!

カチャトーラ、野生的なお料理だったんですね!

エリンギやシメジと・・・とても合いそうです!

今日ね、鴨肉あったら下の記事のレシピ、

作らせて頂こうと思ってたのに・・・

なぜ今日に限って鴨売ってなくて・・・なので

オレンジやグレープフルーツ入りの普通のフルーツ

サラダになっちゃいました!(笑)

オレンジドレッシングは他のサラダでも爽やかで

おいしく頂けそうですので、一度作らせて

頂きたいと思います!

投稿: みえ | 2009年9月11日 (金) 22時51分

みえさん、コメントありがとうございます。
みえさんほどの知識があれば、
いつでも作れますヨ。
本当にありがとうございます。

投稿: ひろ | 2009年9月11日 (金) 23時08分

おはようございます。
そんな語源と由来があるとは…
ジビエ料理なんですか~

野菜たっぷりの煮込み、美味しそうですねhappy01
鶏肉で作ってみたいと思いますheart01

投稿: エル | 2009年9月12日 (土) 05時49分

美味しそうですねlovely煮込みお料理が、したくなる季節になりましたmaple
シチュウをつくるのに使うのは、市販のルウオンリーのわたしspade機会がありましたら、シチュウのせてくださいheart02


投稿: 食いしん坊 | 2009年9月12日 (土) 08時19分

エルさん、コメントありがとうございます。
元々は・・・ジビエ料理に近いものがあったと
思われます。
今は、鶏が主流ですが。
野菜をたっぷり入れて
グツグツと!!
試してみてはいかがですか?

投稿: ひろ | 2009年9月12日 (土) 08時46分

食いしん坊さん、コメントありがとうございます。
今回のカチャトーラも、シチューの一種ですヨ。
トマトシチュー・・・・ってところですが(笑)
どんな・・・いわいる、シチューを
お望みですか?^^

投稿: ひろ | 2009年9月12日 (土) 08時48分

ひろさんこんにちは!
カチャトラって、どこが狩人風なのかと思ってたんですが、
なるほどshineそういう由来だったんですねshine
ところで、coldsweats01初歩的な質問なんですがsweat01
骨付き肉がいいというのはなんででしょう?

投稿: みぃ | 2009年9月12日 (土) 12時52分

みぃさん、コメントありがとうございます。
骨付き肉でじっくり煮込んだほうが
骨からも《旨み》がでて、
より、奥深い味が楽しめると思いますヨ。
仕込んどけば
煮るだけなので、
よろしかったら、試してみてはいかがですか^^?

投稿: ひろ | 2009年9月12日 (土) 13時28分

スペアリブは圧力鍋使ってもいいですか・・・仕上がりがちがっちゃいますかsign02今盛作しますhappy01

投稿: 食いしん坊 | 2009年9月12日 (土) 18時05分

食いしん坊さん、コメントありがとうございます。
圧力鍋を使用する場合、
野菜も茸も、大きめにカットしたほうが
いいと思われます。
煮込み時間は、15~20分で
出来上がると思いますヨ。
仕上がりは、変わらないです。
頑張ってくださいネ。
ファイト~~~~!!

投稿: ひろ | 2009年9月12日 (土) 18時09分

ありがとうございます。では、早速punchシチュウは、ホワイト、ビーフと市販のルウのです
ルウをつかわずにとろみがでるんでしょうか

投稿: 食いしん坊 | 2009年9月12日 (土) 18時24分

食いしん坊さん、コメントありがとうございます。
スープや液体に濃度をつける方法は
何通りかあります。
ルーを使わないでトロミを出す方法は
また、違う料理で説明しますネ。
楽しみにしていてください。

追伸
市販のものは、とても便利なので、
使わない手はないと思いますヨ(笑)

投稿: ひろ | 2009年9月12日 (土) 20時45分

カチャトーラって鶏肉のイメージがあったのですが
そんないわれがあったのですね!
勉強になります~!

スペアリブを使うと、骨からの旨味が出てとてもおいしそうですねhappy01

素敵なレシピありがとうございます~!

帰りにポッチリして参ります~!

投稿: ぷく | 2009年9月12日 (土) 23時38分

ありがとうございました。圧力鍋でいいかんじにしあがりました。しめじ、えのき、相性goodごはんにもあいました。おかわり続出scissors
シチュウたのしみにしています。わかりやすいレシピありがとうございますhappy01

投稿: 食いしん坊 | 2009年9月13日 (日) 07時36分

ひろさん、こんにちは~paper

次から次へと美味しそうな凝ったお料理が出てきますね。
いつも由来を語る事のできるひろさんのお料理は奥が深く
お料理に対しての愛着を感じます。

ウチの適当料理だと‥“骨付き肉とトマトの煮込み”だ(*ノv`)
覚えておこう!“カチャトーラ”♪

投稿: orihime | 2009年9月13日 (日) 15時20分

ひろさんsunこんにちはclover
私は味大好きなので うれしいレシピですnotes
スペアリブはメープルぱぱとメープルっ娘。がたべつくし残ったソースを私がたべつくし…coldsweats01(笑)ひろさんのレシピに感謝です

投稿: メープルまま | 2009年9月14日 (月) 17時39分

ぷくさん、コメントありがとうございます。
そうですよね~、
カチャトラって、鶏肉のイメージですよネ。
猟師りょうりなので、
ザックリと、豪快に!!(笑)
ポチッの応援、ありがとうございます。

投稿: ひろ | 2009年9月15日 (火) 16時58分

食いしん坊さん、コメントありがとうございます。
良かったですネ。
だいぶ、料理の腕、上がったんじゃないですか?

投稿: ひろ | 2009年9月15日 (火) 17時00分

orihimeさん、コメントありがとうございます。
カチャトーラは、イタリアでは、
意外とポピュラーな料理です。
orihimeさんなら、
美味しいカチャトーラが、
出来ると思いますヨ。

投稿: ひろ | 2009年9月15日 (火) 17時02分

メープルままさん、コメントありがとうございます。
気に入っていただいて、嬉しいです。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: | 2009年9月15日 (火) 17時04分

こんにちは〜☆
わ〜〜〜美味しそう!!
まさに今こういう気分♪食べたいなぁ〜!!

>小さめのコロッケにして、
おつまみで、いただきまーっす!

わは!ちょうど新刊の中にもかぼちゃのクロケットを載せてるんだ!
味付けは違うんだけど♪
気に入ってもらえるといいなぁ!!
ポチッとね♪

投稿: うーら | 2009年9月15日 (火) 18時46分

うーらさん、コメントありがとうございます。
新刊!!楽しみです。
こんどは、どんな新作が載っているのかな?
あっ!
応援ポチッ
ありがとうございます。

投稿: ひろ | 2009年9月15日 (火) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536006/46184026

この記事へのトラックバック一覧です: ポークスペアリブのカチャトーラ(伊Costina di maiale alla cacciatora):

« 鴨胸肉のフルーツサラダ オレンジドレッシング(仏Salade de canard et fruits vinaigre de orange) | トップページ | 茸のポタージュ(仏Potage de champignons) »