« 牛肉のソテー、夏野菜のラヴィゴットソース(仏Sauté de bœuf sauce ravigote légumes d'été) | トップページ | 鴨胸肉のフルーツサラダ オレンジドレッシング(仏Salade de canard et fruits vinaigre de orange) »

豚ほほ肉とポルチーニ茸の煮込み(伊Stufato di porcini e guancia di maiale)

豚ほほ肉とポルチーニ茸の煮込み
(Stufato di porcini e guancia di maiale)

Calyv6m4 Cail9zab

ほほ肉は味が濃く、脂が適度に入っているので煮込みには最高です。
また、焼いて食べるなら適度な歯ごたえが楽しめる部位でもあります。
一頭からなんと、数百グラムしかとれない、貴重な部位でもあります。
今回は、ポルチーニを使い、
イタリア料理に仕上げてみました。

材料
豚ほほ肉・・・・・・・・・500g
オリーブオイル・・・・・50cc
塩、胡椒、粉
玉葱・・・・・・・・・・・・・100g
人参・・・・・・・・・・・・・50g
セロリ・・・・・・・・・・・・30g
赤ワイン・・・・・・・・・・300cc
オリーブオイル・・・・・50cc
ブイヨン・・・・・・・・・・・100cc
フォン・ド・ヴォー・・・・500cc
ポルチーニ(乾燥)・・・20g
お湯・・・・・・・・・・・・・・100cc
ローリエ・・・・・・・・・・・2枚
塩、胡椒

作り方
①乾燥のポルチーニはお湯につけてもどしておきます。
②柔らかくもどったら、適当な大きさにカットします。
③戻したお湯は一回ペーパー等で漉しておきます。
④玉葱、人参、セロリをみじん切りにします。
⑤オリーブオイルでゆっくりと焦がさない様にソテーします。
⑥野菜に甘味が出てきたら、鍋に移し変えてブイヨンとフォン・ド・ヴォーを入れます。
⑦カットしたポルチーニと戻し汁も加えます。
⑧豚ほほ肉は適当な大きさにカットします。
⑨塩、胡椒して、粉を付けてオリーブオイルで焼きます。
 注:全体にきれいに焼き色を付ける
⑩良く焼き色が付いたら、肉を取り出して焼き油を捨てます。
⑪再び焼いたフライパンに肉を戻して赤ワインを入れます。
⑫赤ワインの分量が半分くらいになるまで、肉とともに煮詰めます。
⑬煮詰まったら、野菜の鍋に入れ、一緒に煮込みます。
⑭ローリエ、塩、胡椒を加え2時間くらい弱火で柔らかくなるまで煮込みます。

今回の付け合せはマッシュポテトとブロッコリーにしました。

ポルチーニ・・・なかなか売ってなければ、
入れなくてもOK
赤ワインの量を減らして、お子様向けにしてもOK
分量はあくまでも参考の目安なので、
好みに応じて作ってみてください。

にほんブログ村 料理ブログへ←ポチッと押してくれると、私のポイントになる仕組みになっています。気に入ったら、ポチッと応援お願いいたしますペコリ。

にほんブログ村

|

« 牛肉のソテー、夏野菜のラヴィゴットソース(仏Sauté de bœuf sauce ravigote légumes d'été) | トップページ | 鴨胸肉のフルーツサラダ オレンジドレッシング(仏Salade de canard et fruits vinaigre de orange) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ひろさん
豚ほほ肉とポルチーニ茸の煮込み
素晴らしいレシピ
有り難うございます
嬉しいです

コメント有りがというございます
あさりの塩分が出汁に出ますので
最後に塩を少し加え調整して下さい

ポチッと応援させて頂きました

投稿: ryuji_s1 | 2009年9月 3日 (木) 20時40分

ryujiさん、コメントありがとうございます。
ryujiさんのレシピにはまだまだですが、
追いつけるように頑張りたいと思います。

投稿: ひろ | 2009年9月 3日 (木) 21時44分

ひろさん、お久しぶり!

今回も凄い豪華なレシピですね!

豚ほほ肉、おいしそうです!

レストランみたい・・・!

凄く濃厚なソースのようで・・・

マッシュポテトと、とても合いそうです!

ひろさんのブログからもイタリア語のお勉強
させて頂いています!

フランス語は全然進まずに・・・(爆)

簡単な単語しか頭に入らず・・・アハハ!

ひろさん、「Pimpa」ってタイトルで

初めてイタリア語で記事書いたんですよ!

見てくれた?

間違ってたら教えてね!

こんな程度のレベルで間違ってたら大爆笑ですが・・・(汗)

投稿: みえ | 2009年9月 3日 (木) 22時10分

プルチーニ、自分ではなかなか調理しないけれど、大好きなんですよ。
こんな美味しそうなお料理が、ご自分でも作れちゃうなんて、うらやましいです。
ポルチーニの戻し汁を、ちゃんと漉すところがコツかしら?
家だと、こういうの手抜きしちゃうのですよね~~
手間を惜しんではいけないとは思うのですが。
もちろん、ポチっとさせていただきました。

投稿: cozy | 2009年9月 3日 (木) 23時17分

>ポルチーニ・・・なかなか売ってなければ、入れなくてもOK
 ハイ! ウチは間違いなく該当します(笑)

その上、入れずに作るって言っても豚ほほ肉も手に入らないかも‥。
お肉屋さんに聞いてみなくてはなりませんね。
貴重な部位を500gも使ってるなんてスッゴーーーイ!!!
ぽってりとコクと旨味がありそうな
『豚ほほ肉とポルチーニ茸の煮込み』
食べてみたいです‥滝涎sweat02

投稿: orihime | 2009年9月 3日 (木) 23時23分

柔らかくなったお肉の煮込み、好きですheart
美味しそう~~
よく角煮みたいなものは作ってましたが、今度は西欧風で作ってみたいですね。

投稿: エル | 2009年9月 4日 (金) 05時29分

おおぉsign03 なんとリッチな雰囲気lovely
ほほ肉…なければばら肉塊をカットしたものでも
いいでしょうか…sweat01
ぜひ作ってみたいですっdiamond

投稿: みぃ | 2009年9月 4日 (金) 08時56分

みえさん、コメントありがとうございます。
「Pimpa」読ませていただきました。
私は料理用語専門なので(笑)
簡単な単語しかわからないのです・・・。
これからも勉強させてくださいネ。
よろしくお願いいたします。

投稿: ひろ | 2009年9月 4日 (金) 10時29分

cozy さん、コメントありがとうございます。
ポルチーニの戻し汁を漉すのは、
乾燥ポルチーニに泥やゴミが付いている場合が
あるので、念のために漉したほうがいいと思います。
コツは、お肉をしっかり焼くことです^^
ほほ肉を見つけたら、
挑戦してみてくださいネ。

投稿: ひろ | 2009年9月 4日 (金) 10時33分

orihimeさん、コメントありがとうございます。
そうですよねぇ~・・・
ほほ肉やポルチーニ・・・
なかなか手に入らないかもしれません。。。
でも、ほほ肉は煮込みにすると、
一番美味しい部位かもしれませんから、
手に入ったら、試してみては?^^

投稿: ひろ | 2009年9月 4日 (金) 10時36分

エルさん、コメントありがとうございます。
ほほ肉は、煮込みに最適です。
沢山煮ればトロトロの柔らかさになります。
角煮も美味しいですが、
また違った美味しさがあると思いますヨ^^

投稿: ひろ | 2009年9月 4日 (金) 10時41分

みぃさん、コメントありがとうございます。
食卓が一気にゴージャスになること間違いありません!!!(笑)
バラ肉だと、ほほ肉より崩れやすいので、
煮込む時間を様子を見ながら
調節したほうがいいかもしれませんネ^^

投稿: ひろ | 2009年9月 4日 (金) 10時44分

ひろさん・・・

イタリア語のページ見て頂いて

どうもありがとうございました!

お料理の用語は大事ですよ!

海外行って、メニュー読めないと大変ですもん!

近いんですよ!

機会があったら、ぜひ、お目にかかりたいですね!

今後ともどうぞ宜しくお願いします!

投稿: みえ | 2009年9月 4日 (金) 16時46分

みえさん、コメントありがとうございます。
そう言ってもらえると、救われます。
みえさんには、まだまだ追いつかないですけれど、
頑張りたいと思います。
よろしくお願いいたします。

投稿: ひろ | 2009年9月 4日 (金) 17時33分

わ~!これもおいしそうなレシピですね
ポルチーニの香りがしてきそうです!

じっくり時間をかけた美味しさがあるお料理ですよね
ひろさんのところに食べに行きたいです~!

投稿: ぷく | 2009年9月 4日 (金) 18時00分

あ、ポチリして行きますね!

投稿: ぷく | 2009年9月 4日 (金) 18時01分

ひろさんこんにちは
またまたすてきな一皿notes
おうちがビストロになりますぅrestaurant
いつもありがとうございますheart04

投稿: hiromi | 2009年9月 4日 (金) 18時22分

ぷくさん、コメントありがとうございます。
ポルチーニはお好きですか?
今回の煮込みは、ポルチーニの香りもバッチリです。
お好きなら、お勧めですヨ。

投稿: ひろ | 2009年9月 4日 (金) 18時26分

hiromiさん、コメントありがとうございます。
この煮込みで、hiromiさんの
食卓も、ぜひ、ビストロに(*^-^)

投稿: ひろ | 2009年9月 4日 (金) 18時28分

ポルチーニと書いてあったら、お店のメニュウで、煮込み理料理を意味するのですね。ほほ肉かあ、、、今回は難しいかなあ。と思っていましたが、ひろさんコメントを見ていたら、角煮よりとろとろ、わたしはこれで、ほほ肉買う決心にannoy

投稿: 食いしん坊 | 2009年9月 5日 (土) 05時56分

食いしん坊さん、コメントありがとうございます(^^)
《ポルチーニ》とは、煮込みの事ではなく、イタリアでよく取れるキノコの名前です。
香りがとてもよく、イタリアのみならず、色々な国で使われています(^^)
生のポルチーニは入手困難なので、乾燥のポルチーニを使用しました。
ほほにくは………
煮込めば煮込むほど、トロトロで美味しいですよ。もし、手に入ったら、試してみて下さい。

投稿: ひろ | 2009年9月 5日 (土) 16時06分

こんにちはclover
豚のほほ肉がなかなか手に入れられない時は豚のどこの肉がいいですか
カレー用とか ばらの塊とかでも 大丈夫ですか
今回はたまたまほほ肉が手に入って とても柔らかでしたしポルチーニも始めて食べましたdeliciousソースもおいしくできて ちょっと 行儀悪いけど ご飯にかけて食べましたcoldsweats01
ほほ肉のポルチーニ煮込み丼なんて…ひろさんのオシャレなレシピなのに すみません

投稿: メープルまま | 2009年9月 6日 (日) 17時28分

メープルままさん、コメントありがとうございます(^^)
豚肉なら肩ロースあたりがいいと思いますヨ。牛肉でもいいと思います。
ほほ肉丼ですか。
なかなか考えましたねー。美味しく食べるのが1番だと思いますヨ(^^)

投稿: ひろ | 2009年9月 7日 (月) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536006/46110693

この記事へのトラックバック一覧です: 豚ほほ肉とポルチーニ茸の煮込み(伊Stufato di porcini e guancia di maiale):

« 牛肉のソテー、夏野菜のラヴィゴットソース(仏Sauté de bœuf sauce ravigote légumes d'été) | トップページ | 鴨胸肉のフルーツサラダ オレンジドレッシング(仏Salade de canard et fruits vinaigre de orange) »