« スップリ(伊Suppli)アランチーニ(伊arancini) | トップページ | モッツァレラ イン カロッツァ(伊Mozzarella en carrozza) »

ポ・ト・フー(仏Pot-au-feu)

ポ・ト・フー(仏Pot-au-feu)
Caqj4isk Caryh7gz

フランスの代表的な家庭料理のポトフー。
Pot(ポ)は鍋、feu(フー)は火、
つまり「火にかかった鍋」という調理時の状態がそのまま料理名になっています。
牛肉や鶏、野菜を、塊のまま大鍋に入れて沸騰させて、
アクや脂をすくい、静かに何時間も煮込んで作る料理です。

食べ方はまず温かいスープを楽しんでから、具を味わってください。
いわいる、最初にスープが出て、その後に野菜を添えた肉・魚料理が出てくる、
フランスのコース料理の起源はポトフにある、という説もあるそうです。
肉にはマスタードやホースラディッシュなどのぴりっとしたものを添えるのがいいでしょう。
また、スープはブイヨン(仏Bouillon)と呼ばれ、あらゆるポタージュのだし汁になります。

起源は、はっきりとはしていませんが、
鍋に水と具を入れ火にかけて農作業に向かい、
家に帰ってきた頃には煮込みが出来あがって、美味しくいただいてた・・・
というのがその起源とか・・・・。

当時はほとんどの人が鍋に入れる肉を買う余裕はなくて、
野菜だけでポトフを作ることの方が多かった時代に
幸運にして肉を手に入れることができたなら、
ポトフーという一つの料理で、ポタージュ、肉の煮込み、そして野菜という極めて
バランスの良い理想的な食事が完成します。
貧しい人たちの料理《ポトフー》はこうして、
フランス中の家庭で繰り返し作られたのでしょう。

材料
牛すね肉・・・・・・・・・・・・・・・500g
人参・・・・・・・・・・・・・・・・・・・300g(2本)
玉葱・・・・・・・・・・・・・・・・・・・300g(小2ヶ)
キャベツ・・・・・・・・・・・・・・・・250g(1/4ヶ)
大根・・・・・・・・・・・・・・・・・・・150g(1/4本)
セロリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・100g(1本)
ジャガイモ(メークイン)・・・・・300g
手羽先・・・・・・・・・・・・・・・・・200g
ベーコン(塊)・・・・・・・・・・・・・150g
ソーセージ・・・・・・・・・・・・・・150g
ローリエ・・・・・・・・・・・・・・・・2枚
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3000cc
スープの素・・・・・・・・・・・・・・2ヶ

作り方
①牛すね肉はたこ糸でくくって形を整え、全体に塩、こしょうして、手でよくすり込み  
    ます。
Ca11gy71

②玉葱、キャベツは芯を付けたまま大きめにカットします。
注:芯を取り除いてしまうと、バラバラになってしまうため。
③人参、大根、セロリ、メークインは皮をむいて、大き目にカットしておきます。
Ca89wo3b

④ベーコンは適当な大きさにカットします。
Camz6iwd

⑤鍋に肉と水とスープの素とローリエを入れて強火にかけ、沸騰したら軽く煮立つ火加減にしてアクを取ります。
Ca2xq2q9

⑥肉が少し柔らかくなるまで3時間ほど煮ます。
注:たまにアクをすくってあげましょう。
Cadpi805

⑦ジャガイモを除いた野菜とベーコンと鶏の手羽先を加え30分ほど煮ます。
注:ジャガイモが煮崩れるとスープが濁ってしまいます。
注:ここでも、アクをすくってあげましょう。

⑧ジャガイモとソーセージを加え、柔らかくなるまで煮ます。
Caws46r2

⑨すね肉のタコ糸を切って、食べやすい大きさにカットして、盛り付けます。

ジャガイモは、煮崩れしにくい、メークインがいいでしょう。
セロリを入れると肉の臭みが消えて食べやすくなります。
ポトフーに向く牛肉は、すね肉、もも肉、テールなどです。

もちろん、好きな季節の野菜を使ってもOK
トマトを入れると、トマトポトフーになりますヨ。
和風ダシや中華ダシにしてもOK
豚肉を使ってもOK
その場合、なるべく脂身の少ない部位を選びましょう。
圧力鍋なら、1/3ほどの時間で仕上がるでしょう。
カットされた肉を使用する場合は肉の柔らかさをみて、時間を変えましょう。

だし汁があまれば、スープパスタやカレーにも使えます。
もちろん、卵をおとした雑炊なんかも、美味しいですヨ。
ラーメンやリゾットにもOK
なんてったって、ポトフーの汁は万能のブイヨンですから。

分量はあくまでも参考の目安なので、
好みに応じて作ってみてください。

にほんブログ村 料理ブログへ←ポチッと押してくれると、私のポイントになる仕組みになっています。気に入ったら、ポチッと応援お願いいたしますペコリ。
にほんブログ村

|

« スップリ(伊Suppli)アランチーニ(伊arancini) | トップページ | モッツァレラ イン カロッツァ(伊Mozzarella en carrozza) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

へぇ、そっか、スープパスタ、カレー、雑炊・・・万能選手なのですね。
今度大目に作って、色々応用してみよう。

とはいえ、ポトフ。。。今まであんまり美味しく出来たことがないのです。
先日の牛筋スープも、何となくうまみが足りなくて・・・
ひろさんのレシピ、参考にしながらスープ多めで作ってみますね。
ありがとう、ポチ!

投稿: cozy | 2009年10月 9日 (金) 20時15分

ひろさん、こんばんは!

ひろさんもいつもお忙しそうですね!

ポトフ、これからの季節にピッタリですね!

しかも、こんなにたくさんのお野菜が

摂れるのはヘルシーだし嬉しいですよ!

テールで作ってもおいしそーですね!

コラーゲンもたっぷり!

美容にも良さそー!(笑)

投稿: みえ | 2009年10月 9日 (金) 21時11分

ひろさん、こんばんは~。

コメントありがとうございました♪

ポトフって、火にかかった鍋っていう意味なんですね!
なるほど~☆
寒くなってきてポトフがますます美味しい季節ですよね。

投稿: リッツ | 2009年10月 9日 (金) 21時25分

ひろさん
ポトフ 素敵なレシピうれしいです有り難うございます


コメント有り難うございます

ポチッと応援させて頂きました

投稿: ryuji_s1 | 2009年10月 9日 (金) 21時36分

cozyさん、コメントありがとうございます。
そうなんです、
万能選手なんです。
頑張って、作ってみてくださいネ。
お好きな味付けでどうぞ^^

投稿: ひろ | 2009年10月 9日 (金) 21時51分

みえさん、コメントありがとうございます。
そうですね、
これからの寒い時期にはピッタリかもしれませんネ。
ヘルシーで、栄養タップリ、
よかったら、試してみてください。

投稿: ひろ | 2009年10月 9日 (金) 21時53分

リッツさん、コメントありがとうございます。
料理には、色々な意味からきてるものがあります。
この料理は、名前と料理法がピッタリです。
寒い時期、身体が温まりますネ。

投稿: ひろ | 2009年10月 9日 (金) 21時55分

ryujiさん、いつもいつもコメントありがとうございます。
応援のポチッ!
ありがとうございます。

投稿: ひろ | 2009年10月 9日 (金) 21時56分

これから良いですねhappy01
野菜たっぷり、肉の旨味もたっぷりのポトフ…
しかも色々と使いまわせるなんて…shine
今度チャレンジしてみます^^

投稿: エル | 2009年10月10日 (土) 07時10分

エルさん、コメントありがとうございます。
ポトフーの汁は万能のブイヨンですから、
色々、使えますヨ^^
よかったら、おすすめです。

投稿: ひろ | 2009年10月10日 (土) 10時07分

ポトフ、いいですね、野菜の切り方にも、ひとてまあると仕上がり愕然とよくなるんですね。じゃがいもをにくずさないよう頑張ります。おおきな鍋でことことが、美味しく出来そうですね。ジャガイモだけレンジでチン、あとからなんて駄目ですよねsign02にくずしそうで、、澄んでる感じにしあげたくてnotes

投稿: 食いしん坊 | 2009年10月10日 (土) 10時25分

ひろさんのお料理って、いつも繊細で丁寧すね(*^ー゚)b
大根やじゃが芋がちゃんと面取りしてあって‥。
アバウトな私の面取りは画像ではわからない程度のものです(;´▽`A``
それに食材がゴージャスです!
ウチの、ポトフは野菜消費のために作る事が多く
普段からあまり牛肉を使わないので、骨付きチキンや豚肉で作ります。
時にはウインナーって時もあったり(笑)

投稿: orihime | 2009年10月10日 (土) 14時42分

食いしん坊さん、コメントありがとうございます。
ジャガイモだけレンジでチン・・
構わないと思いますが、
ジャガイモにも美味しいブイヨンが染みてた方が
美味しいかもしれませんヨ。
ブロッコリーやカリフラワーやetc・・・
お好きな具材で挑戦してみてください。

投稿: ひろ | 2009年10月10日 (土) 17時44分

orihimeさん、コメントありがとうございます。
いやいや・・・・
写真用で、いつもより丁寧に面取りしました(笑)
骨付きチキンや豚肉も美味しそうですネ!!

投稿: ひろ | 2009年10月10日 (土) 17時47分

ひろさん、今日はコメントありがとうございました。
プロの料理人さんなんですね~。
お料理の起源や詳しい作り方、とっても勉強になります。

ポトフ、一皿で栄養たっぷりでいいですよね。
お肉、数種類使うんですね~。
いろんなおだしが出ておいしそうです。

投稿: fanifani | 2009年10月10日 (土) 21時56分

ひろさんへ

おはようございます~sun
ポトフ美味しそうですね。
最近朝晩とっても寒いから、今食べたいですpaper
体が温まりそうですheart01
ポトフのスープshineいいおだしが出ますよねhappy02
ブログに紹介させていただいて有難うございますhappy01
o(_ _)oペコッこれからもよろしくお願いしますnote

投稿: ゆりりん | 2009年10月11日 (日) 05時57分

ひろさん、ポトフはこれからの季節に本当にいいお料理ですよね!
ポトフのスープも、もちろん大好きです!

隣で一緒に記事を見ていた夫が「ポトフを食べたい」と言ってます!

いつも素敵な記事ありがとうございます。

応援ポチリして帰りますね~

投稿: ぷく | 2009年10月11日 (日) 19時42分

ポトフー☆ わが家では食卓にでた事がなく 始めてでした 玉葱 芯を残すようにすると ばらばらにならないのはいいですねdelicious スープも濁らずに 玉葱がなくなってしまわないしベーコンや すね肉 手羽先など塊で作ると豪華で食べごたえありますねhappy01じゃがいももついつい家にある男爵で…と思いましたがメークインにして正解
のこりは(またまたやってしまいましたsweat02
カレーにしてみましたhappy01
野菜にスープが染み込んでいたからか いつもよりおいしかった気がしましたclover 野菜や肉からでるだしって 本当に 重宝しますね ポチッsign01

投稿: メープルまま | 2009年10月13日 (火) 11時46分

fanifaniさん、コメントありがとうございます。
そうなんです!!
栄養たっぷりで、美味しいポトフー!!
よかったら、どうぞ^^

投稿: ひろ | 2009年10月15日 (木) 16時58分

ゆりりんさん、コメントありがとうございます。
いえいえ、こちらこそ、
そちらのブログに紹介させていただいて、
ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いいたします。

投稿: ひろ | 2009年10月15日 (木) 17時01分

ぷくさん、コメントありがとうございます。
あらっ!!
それじゃ、さっそく、ポトフー作らないと!!!(笑)
応援のポチッ、
ありがとうございます。

投稿: ひろ | 2009年10月15日 (木) 17時02分

メープルままさん、コメントありがとうございます。
そうですか!!
カレーにしましたか^^
ポトフーは、便利ですよネ。
昔の人は、よく考えたもんです。
応援のポチッ、
ありがとうございます。

投稿: ひろ | 2009年10月15日 (木) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536006/46439291

この記事へのトラックバック一覧です: ポ・ト・フー(仏Pot-au-feu):

« スップリ(伊Suppli)アランチーニ(伊arancini) | トップページ | モッツァレラ イン カロッツァ(伊Mozzarella en carrozza) »