« ポークの煮込み、シャンバロン風(仏Cotes de porc champvallon) | トップページ | シューファルシ(仏Chou farci) »

カチュッコ(伊caciucco)

カチュッコ(伊caciucco)

Calcp1cr Ca8xbz3j

トスカーナ州の海辺の町、リヴォルノの魚料理カチュッコ。

トスカーナ州では、ピサの斜塔が有名ですが、
ピサのちょっと南のリヴォルノの
カチュッコ・アッラ・リヴォルネーゼも有名です。

魚介類をふんだんに使った旨味の凝縮されたトマト風味のスープで、
トーストしてニンニクを擦りつけたパンを皿に敷き、
上から熱々のカチュッコをたっぷりと盛り付けます。

このカチュッコは元々はリヴォルノの漁師さんの食べ物で、
漁から帰ってきて魚を売るが、
売れ残りの人気のない魚を寄せ集めて作られたのが由来みたいです。

本物のカッチュッコは、大衆魚の料理で
ムール貝やアサリや高級魚を入れたら、
それはカッチュッコじゃなくて、単なるズッパ・ディ・ペッシェだ・・
という人がいるくらいです。

中部から南イタリアでは、
魚介の具沢山スープをズッパ・ディ・ペッシェと呼びます。

またリグーリャ州では、Buridda(ブリッダ)、または、Ciuppin(チュッピン)と
呼ばれています。

今現在では地方やシェフやマンマによって、
色々なレシピがあり、それぞれの味があるので、
明確な線引きはないようです。

材料

魚介類 (イカ、海老、アサリ、ハマグリ、鱈など) ・・・・1.7kg
4~5種類の魚介類があればいいと思います。
小骨の少ない魚を選ぶのがポイント。
Ca143q34

オリーブオイル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・50cc
にんにく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3片
鷹の爪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2本
イタリアンパセリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100g
白ワイン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200cc
ホールトマト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200g(1缶)
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・300cc
タイム、塩、胡椒
バケットやトスカーナパン

作り方

①にんにくとイタリアンパセリは粗みじん切りにします。
②鷹の爪は種をぬいておきます。
③イカや魚は、適当な大きさにカットしておきます。
④鍋にオリーブオイルとニンニク、鷹の爪を入れ、火にかけます。
Cabd4b6k

⑤香りが出てきたらイタリアンパセリの粗切りを加えます。
Ca841fej

⑥火の通りにくい骨付きの魚やイカなどを加え、軽くソテーします。
Cate6aes

⑦白ワインを加え煮詰めます。
⑧ホールトマトを潰しながら加え水も加えます。
⑨海老や貝類以外のものをすべて加え煮込みます。
Capqxvi8

⑩最後に海老や貝類を加え火を通して出来上がりです。
注:あまり煮込むと魚が煮崩れてしまいます。
火が通ればOKです。

Ca0j8o31

パンを厚めにスライスして焼き、
ニンニクをこすりつけて添えて食べましょう。

今回はイカの墨と肝があったので加えました。
そのおかげで、スープの色がくすんでしまいました(笑)
それはそれでおいしかったですが、
トマト風味を楽しみたければ、入れないほうがいいでしょう(笑)

分量はあくまでも参考の目安なので、
好みに応じて作ってみてください。

にほんブログ村 料理ブログへ←ポチッと押してくれると、私のポイントになる仕組みになっています。気に入ったら、ポチッと応援お願いいたしますペコリ
にほんブログ村

|

« ポークの煮込み、シャンバロン風(仏Cotes de porc champvallon) | トップページ | シューファルシ(仏Chou farci) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

わ~い!今回は一番のりかも~!

イカの風味たっぷりのカチュッコも魅力的ですね!

カチュッコとズッパ・ディ・ペッシェ、どう違うのかと
思っていた疑問、解決しました~!
いつもながらお勉強になります。

ありがとうございました。

もちろん、
応援ポチしていきますね!

投稿: ぷく | 2010年2月21日 (日) 00時00分

おいしそうheart04
トーストしてにんにくをこすりつけた
パンを敷くというのがいいなgood
パンが膨張してボリュームありそうだし、
あったまりますね~happy01

投稿: みぃ | 2010年2月21日 (日) 00時41分

魚介たっぷりトマトスープですかぁ~^^
ウチに「この魚、何に使おう?」てのがあったので作ってみようかなぁheart01
ガーリックつけたバケットは旨味が引き立ちそうですね~^^
ステキなレシピありがとうございます

投稿: エル | 2010年2月21日 (日) 07時19分

ひぃや~美味しそう・・(´ρ`)ジュルリ
アサリやはハマグリのダシが出るんだもん
美味しくないわけないですね。
漁師さんが船上で作って食べるお料理は
どこの国のものも美味しそうです。
又々耳にした事も食べた事もないお料理
ひろさんって、ホント色々なお料理知ってて尊敬します confident

投稿: orihime | 2010年2月21日 (日) 20時15分

カチュッコって、初めて知りましたが、我が家は、ズッパ・ディ・ペッシェと思っていたものが、カチュッコかも・・・(笑)
それでも、高級すぎて、なかなか作れない・・・
でも、気軽に安い魚介があったら、気軽に作ってみたいと思います。
私は、絶対、肝・墨あったら、入れます。

投稿: cozy | 2010年2月21日 (日) 21時03分

南欧のお料理って感じですね~。
ブイヤベースみたい。
お魚のうまみたっぷりで
スープものこさずバゲットでいただきたいですね。

投稿: fanifani | 2010年2月21日 (日) 22時20分

ぷくさん、コメントありがとうございます。
一番乗り、ありがとうございます(笑)
いえいえ・・
こちらこそ!!
ぷくさんの、ブログで、
色々勉強させていただいて、
ありがとうございます。
応援のポチッ
ありがとうございます!!

投稿: ひろ | 2010年2月21日 (日) 23時43分

みぃさん、コメントありがとうございます。
そうですネ。
シーフードだけでは
物足りない人も
満足するかと思います^^

投稿: ひろ | 2010年2月21日 (日) 23時45分

エルさん、コメントありがとうございます。
余ったお魚があるなら・・・
おすすめです(笑)
ガーリックつけたバケットを添えて
お試しください^^

投稿: ひろ | 2010年2月21日 (日) 23時46分

orihimeさん、コメントありがとうございます。
そうですね~~~~!!
美味しくないはずはない!!!
ですネ(笑)
《カチュッコ》や《ズッパ・ディ・ペッシェ》は
イタリアの代表的料理なので、
覚えておいて、損はありませんヨ。

投稿: ひろ | 2010年2月21日 (日) 23時49分

cozyさん、コメントありがとうございます。
カチュッコやズッパ・ディ・ペッシェに、
現在、明確な決まりは無いので
気にしないでいいと思います。
肝・墨は・・・
少しの量がいいと思いますヨ^^
イカのスープになっていまいますから(笑)

投稿: ひろ | 2010年2月21日 (日) 23時52分

faniさん、コメントありがとうございます。
イタリアのブイヤベース・・・
ってところでしょうか^^
身体も温まりますし、
なにより、美味しい!!
漁師さんは、
いつも、こんな美味しい料理
食べているんでしょうかね~~~ウラヤマシイ

投稿: ひろ | 2010年2月21日 (日) 23時55分

カチュッコ 素敵な魚介料理 美味しいですね

ひろさんならではですね

コメント有り難うございます

ポチッと応援させて頂きました

投稿: ryuji_s1 | 2010年2月22日 (月) 08時01分

ひろさん、こんばんは~。

呼び名がとっても可愛いですよね。
メニューにこれがあったら頼んじゃうわ、私。(笑)
日本人っておつゆがいっぱいのスープをイメージしちゃいますが、しっかり魚介類をいただけるんですね。
ガーリック効いててやっぱり好きだわイタリアン。
今日もひろさんのお料理に応援!

投稿: なめっぴ | 2010年2月22日 (月) 19時02分

こんばんわ~night
またまた美味しそうhappy02
魚介shineが盛りだくさん。
旨味がぎゅっと詰まってますね~。
スープが飲みたいです。
〆にriceballご飯まで入れたいくらいです。

ポチっと応援smile

投稿: ゆりりん | 2010年2月22日 (月) 21時40分

ryujiさん、コメントありがとうございます。
ryujiさんの手にかかれば、
もっと美味しくなるんでしょうけど・・
まだまだ勉強です。
応援のポチッ
ありがとうございます。

投稿: ひろ | 2010年2月22日 (月) 22時50分

なめっぴさん、コメントありがとうございます。
そうですよネ。
その国によって、
同じ料理でもイメージが違いますよネ。
不思議ですよネ~^^
応援ポチッ
ありがとうございます。

投稿: ひろ | 2010年2月22日 (月) 22時52分

ゆりりんさん、コメントありがとうございます。
そうですネ。
スープを楽しんで、
魚介を楽しんで
そして、〆にごはん!!!
日本人ならでは・・・・かな^^

投稿: ひろ | 2010年2月22日 (月) 22時54分

ひろさん、こんにちは!

コメントするの遅くなってしまってごめんなさいね!

おいしそうな魚介類がたくさん入ってますね!

イタリアの代表的なお料理なんですか!

これはおいしいはずだ!(笑)

ガーリックのバケッドも、久しぶりで

食べたいなあ!

カチュッコ、作ってみたいと思います!

投稿: みえ | 2010年2月23日 (火) 16時22分

みえさん、コメントありがとうございます(^^)
カチェッコとガーリック風味のパンは合いますヨ。ボリュームもありますし(笑)よかったら、作ってみて下さいネ(^^ゞ

投稿: ひろ | 2010年2月23日 (火) 20時59分

久しぶりの魚料理delicious
こんなに沢山の魚介類を一度に使ったのは初めてfish パンとよくあっておいしかったですhappy01
ポチッsign01と応援

投稿: メープルまま | 2010年2月25日 (木) 19時19分

メープルままさん、コメントありがとうございます。
魚介は、それぞれ、旨味がありますから、
美味しいわけですよネ。
ポチッ
応援ありがとうございます!!

投稿: ひろ | 2010年2月27日 (土) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536006/47617884

この記事へのトラックバック一覧です: カチュッコ(伊caciucco):

» 牡蠣とジャガイモのポタージュスープ [世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう]
じゃがいもと西洋ねぎで作るポタージュスープは一般的ですが、今日は、季節柄、牡蠣を入れてアクセントをつけた、ボリュームのあるスープのレシピを紹介します。キャビアを浮かせばもっと高級感が出てきますね。(3〜4人分) <牡蠣とジャガイモのポタージュスープ> ....... [続きを読む]

受信: 2010年2月23日 (火) 08時40分

« ポークの煮込み、シャンバロン風(仏Cotes de porc champvallon) | トップページ | シューファルシ(仏Chou farci) »