« ポレンタ(伊polenta) | トップページ | お知らせ »

若鶏と砂肝のコンフィ(仏Confit de poulet cuis et gégiers)

若鶏と砂肝のコンフィ(仏Confit de poulet cuis et gégiers)

Cafs5wdh Ca939mj2

Ca8i62zg Caulfghx

コンフィとは、西南フランスの郷土料理で、
最も古い保存法といわれています。

コンフィにする食材は肉と果物であることが多く、
肉の場合は油脂を、果物の場合は砂糖を用いて
調理するのが多いです。

語源はフランス語の動詞コンフィル(仏confire)「保存する」ですが、
そもそもコンフィルはラテン語の
(行う)とか(生産する)とか(作る)などを意味する
コンフィケーレ(conficere)が語源です。

中世に果物を砂糖の中で調理保存したものに対して
使われ始めたのが、始まりのようです。

ソースによって、塩の分量など
微妙に変えたり、
脂の種類を変えたりとか・・・・
細かいレシピは色々ありますが、
今回は簡単に出来る様にしてみました。

時間はかかりますが、
作っておけば、しっとりジューシーな
コンフィが、いつでも楽しめますヨ。

材料
骨付き鶏もも肉

にんにく(スライス)
ロリエ
タイム
ローズマリー
オリーブオイル
サラダオイル

作り方
①骨付き鶏もも肉を包丁で刺し両面に適量の塩をふりにんにくを両面にはりつけます。
Cane3gn5

②ロリエ、タイム、ローズマリーをのせます。
Ca1ow4nd

③オリーブオイルを少量たらしラップをして、一晩ねかせます。
Ca9kw04n Canhbw1b

④水で軽く洗い、布などで水分をしっかりふきとります。
⑤鍋にサラダ油を90℃くらいに温め、そこに肉を入れます。
注:熱くしすぎない様に、あくまでも、じっくりと。
Cac8fn6h

⑥アクをとりながら3時間くらいゆっくりと火を通します。
Cazsv6v6

⑦火が通ったら、火からはずしそのまま油に漬けておきます。
⑧ある程度熱が取れたら、使う分だけ取り出します。
⑨鶏肉はテフロンのフライパンにオリーブオイルを敷き、じっくりと焼いていきます。
⑩砂肝はそのまま使います。

残りは煮た油を少量入れ、冷蔵庫で保存しておきましょう。

今回はバルサミコ酢をかけていただきました。
付け合せはそら豆と、新じゃがのローストです。
砂肝はスライスしてサラダに混ぜ合わせました。

インターネットで調べれば、
ソースの種類も色々ありますので、
あまりこだわらず、作ってみてください。

分量はあくまでも参考の目安なので、
好みに応じて作ってみてください。

にほんブログ村 料理ブログへ←ポチッと押してくれると、私のポイントになる仕組みになっています。気に入ったら、ポチッと応援お願いいたしますペコリ。
にほんブログ村

|

« ポレンタ(伊polenta) | トップページ | お知らせ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ひろさん
若鶏と砂肝のコンフィ
美味しそうです

砂肝
大好きです

嬉しいです、
素敵なレシピ有り難うございます。

ポチッと応援させて頂きました。

投稿: ryuji_s1 | 2010年4月10日 (土) 21時37分

ひろさん、こんばんは!

お腹が空いているところで・・・(笑)

3時間も煮込むのですか!手間をかけた分だけおいしそうなお料理ですね!

新ジャガ・・・気になってます!何かおいしいお料作りたいです!ニンニクも、食べたいなあ!

仕事前がメインのお食事になったので、ニンニクは使えなくて・・・(爆)お休みの日のニンニク料理が楽しみです!

投稿: みえ | 2010年4月10日 (土) 22時25分

ryujiさん、コメント、ありがとうございます。
実は・・・
私も砂肝大好き人間です(笑)
今回、チキンだけにしようとも
考えたのですが、
砂肝も加えてしまいました(笑)
応援のポチッ!!!!
ありがとうございます!!!!!

投稿: ひろ | 2010年4月10日 (土) 22時50分

みえさん、コメント、ありがとうございます。
そうなんです!
お腹が空いているところで・・・
3時間も煮込むのです(笑)
時間はかかりますが、
そんなに難しい手間はないので(笑)
にんにく!!
仕事前は、やめたほうがいいかも
しれませんネ(笑)

投稿: ひろ | 2010年4月10日 (土) 22時52分

果物のジャムのことだけかと思ってたんですけど
お肉にもコンフィって使うのは
そうゆう意味だったんですねぇ(^^ゞ
またひとつお利巧になっちゃった♪

お肉のコンフィはボリューム満点
豪華なメインディッシュにいいですね。
ハーブ使いが上手なイタリア料理
目が離せません!

投稿: モンステラ | 2010年4月11日 (日) 01時51分

コンフィとコンフィチュールって同じものを差していたんですね!
今気付きました。
ジューシーなコンフィ、食べてみたいですhappy01

投稿: エル | 2010年4月11日 (日) 07時18分

コンフィ、コンフィル、コンフィケーレ
見聞きした事はありますが、ちゃんとした意味など知らず‥
いつもながら、ひろさんの蘊蓄に感心しきり confident

砂肝は、焼いたり炒めたりばかりで
サラダに合わせるなんて目からウロコ wobbly
興味を示しながら flair
>時間はかかりますが
の文字読んで、又後ずさりしそうな私ですcoldsweats01

投稿: orihime | 2010年4月11日 (日) 11時51分

ひろさん、今週も一週間お疲れ様でした。

すご~い、3時間も油で煮込むんですね。
お湯と違って油だと目が離せなさそうですね。
でも出来上がりのパリッとした皮を見るとやっぱり魅力的な調理法!

ラディッシュのバラのお花、きれいですね。
お皿の上に春がやってきた!ってかんじ。
私がやると全然違ったものができちゃうんですよ。
時には真っ二つなんてことも。。。(笑)

投稿: なめっぴ | 2010年4月11日 (日) 21時38分

低温のオイルで煮るっていうのは
日本人の感覚にはない調理法ですね~。
砂肝のコンフィ、食べてみたいです。
おしゃれなレシピ。今日もありがとうございます!

投稿: fanifani | 2010年4月12日 (月) 09時25分

モンステラさん、コメント、ありがとうございます。
そうですネ^^
イタリア人は、ハーブの使い方が
上手ですね~。
ボリュームも満点だし、
おもてなしにも、
花を添えると思います。

投稿: ひろ | 2010年4月12日 (月) 22時49分

エルさん、コメント、ありがとうございます。
はいはいはい!!!
とってもジューシーでした^^
皮がパリパリ!!
お肉がホロホロ!!!

投稿: ひろ | 2010年4月12日 (月) 22時51分

orihimeさん、コメント、ありがとうございます。
そうですね~~~~^^
確かに、時間はかかります。
でも!!!
とっても、美味しいですよーーーーー^^

投稿: ひろ | 2010年4月12日 (月) 22時53分

なめっぴさん、コメント、ありがとうございます。
高温の油ではないので、
極弱火でいいとおもいます^^
はいはい!!
さすが、なめっぴさん!!
ラディッシュの花に
気が付きましたか(笑)
ちょっと、遊びでやってみました^^
コツさえつかめば、簡単ですヨ

投稿: ひろ | 2010年4月12日 (月) 22時55分

faniさん、コメントありがとうございます。
そうですネ。
faniさんの言うとおり、
低温の油で火を通す感覚は
日本ではピンとこないかもしれませんネ。
日本は昔から、わりと新鮮な食材が
手軽に手に入るから、
コンフィは必要なかったのかもしれません。

投稿: ひろ | 2010年4月12日 (月) 23時00分

お久しぶりです。
コンフィと、数年前から流行ってる(?)今ふぃチュールって、語源一緒なんですね~
コンフィ、家で作るのは大変だんだろうな~と思ってましたが、3時間もかかるとは・・・
でも、さすがに手が込んでいるだけあって、とっても美味しそうですね。

投稿: cozy | 2010年4月14日 (水) 20時28分

絶対美味しいですよね!
もう美味しいってわかりますhappy02
(((p(>o<)q)))
食べたい。
にんにくなんて気にしない。
だって美味しいですもの(笑)

goodポチッと応援です。

投稿: ゆりりん | 2010年4月14日 (水) 21時53分

ひろさんこんにちはcoldsweats01
2日がかりの料理なんて…できるかなcoldsweats02と思って油で 揚げるのではない料理…不思議です
下味も火を通すのも じっくり…でも そのかいあって 砂肝が ビックリするほど柔らかくおいしかったです
応援ポチッsign01しました
tuliptuliptulip

投稿: メープルまま | 2010年4月15日 (木) 07時39分

cozyさん、コメント、ありがとうございます。
おひさしぶりです^^
(笑)
時間がかかるだけで、
そんなに、大変ではないですヨ。
あっ!
でも、《時は金なり・・》とも
いいますもんね。
お時間に余裕のあるとき
おすすめします^^

投稿: ひろ | 2010年4月15日 (木) 08時42分

ゆりりんさん、コメント、ありがとうございます。
はいはい!!
美味しいです(笑)
にんにくは、
そんなに感じませんヨ。
翌日お仕事の日でも、
大丈夫です^^

投稿: ひろ | 2010年4月15日 (木) 08時43分

メープルままさん、コメント、ありがとうございます。
時間をかけて脂で煮る・・・・
不思議ですよね~。
砂肝!美味しかったですか?
七味をかければ、
お酒のおつまみにもなりますヨ^^
ポチッ応援
ありがとうございました。

投稿: ひろ | 2010年4月15日 (木) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536006/48049106

この記事へのトラックバック一覧です: 若鶏と砂肝のコンフィ(仏Confit de poulet cuis et gégiers):

« ポレンタ(伊polenta) | トップページ | お知らせ »