« 鶏肉のフレキッキ(伊Furechicchi di pollo) | トップページ | カポナータ(伊caponata) »

ピーチ・メルバ(仏 Pêche Melba)(ペーシュ・メルバ)

ピーチ・メルバ(仏 Pêche Melba)(ペーシュ・メルバ)
100703_102314 100703_101826   

メルボルン近郊に生まれ
ヴェルディ作の、リゴレットのジルダ役でデヴューし、
プリマドンナとして一世を風靡し、
1918年にはデイムの称号を与えられたソプラノ歌手ネリー・メルバが
ロンドン公演(1892年)の時にサヴォイ・ホテルに滞在していました。

当時、料理長をしていたのが、
かのフランス料理のバイブルともいわれる書、料理の手引き(Le Guide Culinaire)の著者で
フランスの偉大な料理人オーギュスト・エスコフィエでした。
メルバが歌ったワグナーの歌劇ローエン・グリーンに登場する白鳥を題材にしたデザートを、
彼女のために作ったのが、このピーチメルバです。
氷の白鳥の翼の間にバニラアイスクリームをのせ、
その上にコンポートにした半割りの桃をのせ、
キイチゴのピュレをかけ、綿菓子をかぶせたものでした。

同じく、ネリー・メルバが由来の料理があります。
メルバ・トーストです。
体型を気にするネリー・メルバが、
薄く切ったトーストを注文したが、
カリカリ、パリパリになってしまった・・・・が、
これがまた香ばしくて美味でした。
彼女のダイエットのためにエスコフィエが
考案し、メルバ・トーストとしてメニューに載せられたということです。

材料

桃2ヶ
グレナデンシロップ・・・・・・15cc
グラニュー糖・・・・・・・・・・・100g
レモン汁・・・・・・・・・・・・・・・15cc
白ワイン・・・・・・・・・・・・・・・50cc
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・400cc

桃1/2ヶ
バニラアイスクリーム
アーモンドスライス

レモンバーム
ラズベリーソース
ホイップクリーム


キウイ
さくらんぼ
アメリカンチェリー

煮汁200cc
ゼラチン2g

作り方
桃をシロップ漬けにします。
①桃を半分に切れ目を入れ、沸騰したお湯の中に入れ、湯むきし半割にして種を取ります。

100702_184206

②グレナデンシロップ、グラニュー糖、レモン汁 、白ワイン、水を鍋に入れます。
③沸騰したら湯むきして種を取り除いた桃を入れ、中火~弱火にします。
100702_185149

④3分ほど煮て、火からおろし、容器に移し冷やします。
100702_185454_2

⑤アーモンドはオーブンなどで軽く焼いておきます。
100702_190121

⑥桃を煮た汁を150cc取り、ゼラチンを加え溶かし、冷やしておきます。
⑦杏、キウイは適当な大きさにカットしておきます。
⑧皿の中央に桃のコンポートをのせ、その上にバニラアイスをのせます。
⑨周りにその他のフルーツを飾ります。
⑩アイスの上からラズベリーソースをかけます。
⑪アーモンドスライスをちりばめます。
⑫レモンバームの葉を飾って出来上がりです。

グラスの方は桃を煮た汁のジュレをかけてみました。
フランボワーズは、なかなか売ってないので、
フランボワーズジャムを桃を煮た汁でのばしても、いいと思います。

100703_102404

フルーツは好みのものでOK

桃のコンポーとはグレナデンシロップがなくてもOK

分量はあくまでも参考の目安なので、
好みに応じて作ってみてください。

にほんブログ村 料理ブログへ←ポチッと押してくれると、私のポイントになる仕組みになっています。帰りがけに応援ポチッ、よろしくお願いいたします。ペコリ

にほんブログ村

|

« 鶏肉のフレキッキ(伊Furechicchi di pollo) | トップページ | カポナータ(伊caponata) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

え~~~~
お料理だけでなくスイーツも
今でこそ、分けられていますが、
その当時の名シェフは区別がなかったのでしょうか?
確かに、18年前1度ヨーロッパに行った時は最後に
デザートが出てきていました。甘いものが
苦手なわたしは、あの最後にでてきた
ボリュームにでも口の中でとろけた
綿菓子の味はいまも覚えていますよ。

モモのゼラチンでふむふむその
ところだけでも、人生がとっても
楽しくなりそうですね。バニラアイスクリーム
があれば最高な組み合わせですね!
頭の中が
さわやかになってきましたよ~
ありがとうございます。

家庭でも綿菓子って簡単につくれるのですか?
おもちゃでは見たことがありますが・・

投稿: 茶々 | 2010年7月 3日 (土) 16時49分

これは豪華です!!最高に美味しそう。
名前の由来知るのって楽しいですね。
面白い記事をありがとうございます。

>>
楽しいイベントで、素晴らしい方々に刺激され、私もまたやる気になりましたよ。

投稿: 勇気凛りん | 2010年7月 3日 (土) 16時54分

茶々さん、コメントありがとうございます。
綿菓子は、当時はたぶん
飴を使って、作られたのだと思います。
家庭でやるには少々手間と場所が必要ですが・・。
夏向きのデザートなので、
頭の中もお口の中も爽やかになりますヨ。

投稿: ひろ | 2010年7月 3日 (土) 21時21分

凛さん、コメントありがとうございます。
うらやましいかぎりです。
色々勉強になり、
刺激を受けた見たいですネ!
これからも、頑張ってください^^

投稿: ひろ | 2010年7月 3日 (土) 21時23分

桃の香りが~~~heartheartheart
バニラアイスに~、たっぷりフルーツですね!!!
happy01スウィーツ天国!?

メルバトーストのメルバって人の名前だったのですね(;O;)
勉強になりましたwink

ポチっと応援です!!!

投稿: ゆりりん | 2010年7月 3日 (土) 21時48分

ひろさん、こんばんは!
とっても食べ応えのありそうで、おいしそうで、豪華なデザートですね!
こう暑いと・・・アイス・・・フルーツ・・・恋しくなります!(笑)
今、頂いてみたくて仕方がないアイスがあって・・・!(爆)
ひろさんの記事見たら思い出しちゃいました!
もうちょっと、痩せたら・・・を励みにしてますが!
痩せる前に頂いてしまいそうです!
フランボワーズ・・・私も大好きです!
アーモンドスライスも・・・体に良い食材もいっぱいで・・・体も心も豊かになりそうです!

投稿: みえ | 2010年7月 3日 (土) 23時04分

おいしそ~!フラボワーズソースって美味しいですよね。
確かに日本では生の木苺はもちろんジャムでさえも一般的に売られているものじゃないですものね。
数年前にブラックベリーをベランダで育てていたんですが、我が家は年に数回海外に行っていて、その都度実家にあずけるのが面倒で結局実家にあげちゃいました。
今では海外のラズベリージャムやブラックベリージャムをフラボワーズリキュールで薄めてソースによくつかっています。
・・・でも、最近こんな素敵なデザート食べてないです~!おいしそーぽち!

投稿: creamat | 2010年7月 3日 (土) 23時27分

その由来もさることながら
品のある乙女デザート★
アメリカの○○スピリットなんぞとは
わけがちがいますね~(笑)
フルーツたちが彩りよくウキウキします♪

投稿: モンステラ | 2010年7月 4日 (日) 00時44分

華やかですね~lovely
ジュレをササっと作ってしまうところが流石です!

これから桃の季節ですね。
是非作ってみたいです。
ステキなレシピありがとうございます

投稿: エル | 2010年7月 4日 (日) 08時13分

ピーチメルバ、祖母の大好きなデザートでした。
最近はあまりお店でもみかけること
少なくなりましたよね~。
フレッシュの桃をコンポートにして、
贅沢なピーチメルバですね!
とってもおいしそうです!
夏らしいレシピ、ありがとうございます。
ぽちっと。

投稿: fanifani | 2010年7月 4日 (日) 16時17分

きゃ~!
これからの季節 食べたい冷たいスイーツです!
こんなのが自宅で作れちゃうなんてすごい!
思いのほか手間がかかっているのでびっくり。
さすがお菓子もプロのにおいがします(^^)

桃♪
缶詰じゃないですよね・・・
こうやってシロップ漬けにするんだね。
こんなのあまり料理本に載ってない気がする。
(少なくとも私が所有してる本には)
うんうん。
勉強になりました!

投稿: バリ猫(ゆっきー) | 2010年7月 4日 (日) 17時15分

罪です、この画像~!
今日のような暑い日にはぜひともいただきたいデザート!
桃のジュレがまた涼しげで美しすぎます。

このデザートが歌と関連あるなんて。。。
ミュージカルとかショーとか大好きなのでなんだかうれしくなります。

サッカー、まさかまさかが次々と起きていますね。やっぱりドイツかなあ。。。(笑)

投稿: なめっぴ | 2010年7月 4日 (日) 19時29分

ひろさんのお蔭で冷蔵庫を占領していた枇杷が
美味しいコンポートになりました(^ー゚)♪
まだまだ桃はお高くて、ウチにとっては贅沢品なので
ウチにあるもので出来たのはスゴクお得な気分です♪
ちょうどゼラチンもあったので、美味しいシロップでゼリーも作ると
涼しげな初夏のデザートが出来ました。
ただ‥アイスクリームや色々フルーツはカットしたので
ひろさんのように華やかさはなく、シンプルなものになりましたが‥。
甘さの中にレモンのサッパリ感と、白ワインの味で
大人のデザートって感じでした delicious

投稿: orihime | 2010年7月 4日 (日) 19時34分

ゆりりんさん、コメントありがとうございます。
そうなんです!
ネリー・メルバさんだったのです^^
エスコフィエが直々に作るくらいだから、
よっぽどの女性だったのでしょうネ!!
フルーツ天国(笑)
美味しかったです!
ポチッ!応援
ありがとうございます!

投稿: ひろ | 2010年7月 4日 (日) 22時53分

みえさん、コメントありがとうございます。
はい!
食べ応え、ばっちりでしたヨ(笑)
アーモンドも美味しかったです^^
痩せる前に・・・おすすめです(笑)

投稿: ひろ | 2010年7月 4日 (日) 22時55分

creamatさん、コメントありがとうございます。
creamatさんは、
本当に、色々育てるの
挑戦していますね~!
頭が下がります^^
ラズベリージャムやブラックベリージャムをフラボワーズリキュールで薄めるのって、
いい考えですよネ!
ポチッ!応援
ありがとうございます^^

投稿: ひろ | 2010年7月 4日 (日) 22時57分

モンステラさん、コメントありがとうございます。
フランス料理だから
なんとなく、品を感じますネ(笑)
フルーツが少なくて、
桃とアイスとラズベリーソースとアーモンドだけでも、
美味しく出来上がりますヨ!

投稿: ひろ | 2010年7月 4日 (日) 22時59分

エルさん、コメントありがとうございます。
そうですね~!
これから、桃の季節ですよネ^^
アイスものっかって、
これからの季節に最高です^^
ジュレもアクセントになって
なかなか良かったですヨ!

投稿: ひろ | 2010年7月 4日 (日) 23時01分

faniさん、コメントありがとうございます。
さすがfaniさん!
ピーチメルバ、知っていましたか!!
しかも、祖母の大好きなデザートとは・・
なかなかハイカラなおばあちゃんですネ!
ポチッ!応援
ありがとうございます!!!

投稿: ひろ | 2010年7月 4日 (日) 23時03分

ゆっきーさん、コメントありがとうございます。
(笑)
もちろん、桃の缶詰でも
十分代用できます(笑)
意外と、簡単にできるかもです^^
ゆっきーさんなら、
お子さんのために
チョチョイと作れますヨ^^

投稿: ひろ | 2010年7月 4日 (日) 23時05分

なめっぴさん、コメントありがとうございます。
エスコフィエが、
ネリー・メルバの歌のイメージで作ったといわれる
このピーチメルバ・・・
さぞ、素敵な舞台だったのでしょうネ!
私も見てみたい気がします。

投稿: ひろ | 2010年7月 4日 (日) 23時07分

orihimeさん、コメントありがとうございます。
ビワ!!!!!
美味しそう!!!
桃もいいけど、
ビワもいいですね~!
orihimeさんのコンポートの写真!
つまみたくなります(笑)

投稿: ひろ | 2010年7月 4日 (日) 23時10分

ひろさん
ピーチ・メルバ
良いですね
 甘いものに目が無いので
すぐに飛びつきます、

美味しそうです
ひろさんらしく丁寧に
感謝です、
ポチッと応援させて頂きました。
コメント有り難うございます。

投稿: ryuji_s1 | 2010年7月 5日 (月) 07時28分

ひろさんこんにちはclover
私はフルーツの中で桃が 1番 大好きなので
うれしいレシピですdelicious
桃の旬は 短い気がするのは 私だけかもしれませんが 旬の最後の方は大きいけど 固い事が多いので ピーチメルバやってみますdelicious やっぱり熟した桃の方がピーチメルバに向いていますか
応援ポチッsign01

投稿: メープルまま | 2010年7月 5日 (月) 10時49分

ryujiさん、コメントありがとうございます。
ryujiさんが
甘いものに目がないなんて・・
意外でした^^
おほめの言葉、ありがとうございます
ポチッ!応援
ありがとうございます^^

投稿: ひろ | 2010年7月 6日 (火) 23時15分

メープルままさん、コメントありがとうございます。
そうですか^^
桃が一番好きですか!!
それなら、絶好のレシピですネ!
桃は、やや硬めの方が
コンポートには向いていると思います^^
ポチッ!応援
ありがとうございます!!!

投稿: ひろ | 2010年7月 6日 (火) 23時17分

ひろさん

コメントいつも丁寧にありがとうございます

PCが途中までしか立ち上がらず 悪戦苦闘しております、
今日 専門のところで見てもらいます、

更新できませんでした

ぽちっとです

投稿: ryuji_s1 | 2010年7月 7日 (水) 07時51分

ひろさんこんにちは~
桃のコンポートだけでも、凄く美味しそうなのに
こんな豪華なデザートに!

ガッツリ食事した後でも
2~3個は食べられそうです!
「キケン」なメニューですよね~

応援ポチしていきますね~!

投稿: ぷく | 2010年7月 7日 (水) 15時47分

うわぁ、豪華版デザートですね!
こうやって生の桃から作った自家製コンポートって美味しいでしょうね。
ゼリーも桃も上の息子の大好物なので、アイスクリームと組み合わせたこのピーチ・メルバ、メチャメチャ喜びそうです。、出血大サービスで作ってあげようかな~?

投稿: サスピ | 2010年7月 8日 (木) 01時39分

ひろさん
コメントありがとうございます。

ポチッと

投稿: ryuji_s1 | 2010年7月 9日 (金) 07時46分

ぷくさん、コメントありがとうございます。
(笑)
たしかに・・・(笑)
危険なメニューかもしれませんネ(笑)
実際・・・
ペロッと食べてしまいました(笑)
ポチッ!応援
ありがとうございます!!!

投稿: ひろ | 2010年7月10日 (土) 16時24分

サスピさん、コメントありがとうございます。
そうなんですか!!!
ゼリーも桃も上の息子さん、
大好物なら、おすすめですヨ~
アイスも付けてあげてくださいネ(笑)

投稿: ひろ | 2010年7月10日 (土) 16時27分

ryujiさん、コメントありがとうございます。
PC・・・
大丈夫ですか?
ryujiさんのブログを
心待ちにしている人は
沢山いるので、心配です・・・。
こんな状況でも
ポチッ!応援・・・
本当にありがとうございます!!!

投稿: ひろ | 2010年7月10日 (土) 16時29分

ひろさん、
「ピーチ・メルバ」と「メルバ・トースト」の関係、知りませんでした。いつも含蓄の深い、食の背景を教えて頂いて、勉強になります。これからこの2品を食べるときには、歌姫メルバのことを思い出すことにします。最後にポチッ!
ソフィー

投稿: ソフィー | 2010年7月11日 (日) 13時29分

ソフィーさん、コメントありがとうございます!
(笑)
私もネリー・メルバを
思い出しながら・・・
と、いっても、実際見たわけではないのですが・・
(笑)
食べたいと思います。
ポチッ!!
応援、ありがとうございます!!

投稿: ひろ | 2010年7月11日 (日) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536006/48784796

この記事へのトラックバック一覧です: ピーチ・メルバ(仏 Pêche Melba)(ペーシュ・メルバ) :

« 鶏肉のフレキッキ(伊Furechicchi di pollo) | トップページ | カポナータ(伊caponata) »