« カポナータ(伊caponata) | トップページ | クロックムッシュー(仏croque-monsieur)クロックマダム(仏croque-madame) »

チーズ

チーズ
フロマージュ(仏fromage)・フォルマッジョ(伊formaggio)・チーズ(英cheese)
トマトに続いての食材シリーズ第2弾です。
私自身のお勉強の為もあるので、
興味のない方はスルーしてください(笑)

チーズがどうやって発見されたかは諸説ありますが、
アラビアの商人が砂漠を横断する長旅に備え、新しい子羊の胃袋で作った水筒に山羊の乳を入れ、 ラクダで旅に出ました。
疲れたので山羊の乳を飲もうと水筒をあけたところ、
そこには乳はなく、白い塊と透明な液体に分かれていたそうです・・・
これが、最初のチーズの発見といわれています。

紀元前3500年頃のメソポタミアの神殿の石版・・・・・
紀元前4000年頃の古代エジプトの壁画・・・・・
紀元前6000年代の湖上生活者の遺跡・・・・・・
あらゆる所に チーズづくりの痕跡が残っていることから、
チーズ作りの歴史は数千年以上昔から始まっていたと考えられています。

ヨーロッパで初めてチーズが作られたのは、イタリアだと考えられていますが、
紀元前1000年頃、高度なギリシャ文明を持つエトルリア人によって
海路で北イタリアのロンバルディア地方に伝えられたという説が最も有力です。

日本のチーズの歴史も意外なことにずいぶんと古く
およそ1300年前、飛鳥時代、伝来した仏教とともに、
中国や朝鮮から伝来したものと考えられています。

世界各国の1人あたりチーズ年間消費量はフランスが1位と思いきや・・・

1位ギリシャ2位フランス3位ドイツ4位スイス5位イタリア6位アメリカ

各国チーズ輸入量は、輸入量第1位のロシアが17%減、第2位の日本

世界中で1540万トンのチーズが生産されているが生産
内訳はEU諸国が約50%で,その他に北米が約30%ということです。
日本では平成18年にナチュラルおよびプロセスチーズ合計で12.4万トンを生産しています。

チーズの種類として、大きくナチュラルチーズプロセスチーズに分けられます

ナチュラルチーズはミルクの種類や、製造法によって、
フレッシュタイプ・白かびタイプ・青かびタイプ・ウォッシュタイプ・山羊乳(シェーヴル)タイプ・セミハード&ハードタイプに分けられます。

フレッシュタイプ
チーズ製造の最初の過程でできる、熟成させない新鮮な味を楽しむチーズです。
水分がとても多く、酸味やさわやかな風味が特徴とされています。

クリームチーズ、カッテージチーズ、モッツァレラ、マスカルポーネ、ブロッチェ、フロマージュ・ブラン

白かびタイプ
表面に白かびを植えつけて、表面から中心に向かって熟成させます。
白カビチーズには、脂肪分40~50%のものと、60%以上のダブルクリーム、75%以上のトリプルクリームがあります。
口当たりがよく、上手に熟成させると素晴らしいコクが味わえます。
カマンベール、ブリ・ド・モー、ブリヤ=サヴァラン、シャウルス、エクスプロラトゥール

青かびタイプ
ブルーチーズは、内部に青かびを植えつけて熟成させ、内側から風味をつくりだすチーズです。
ゴルゴンゾーラ、スティルトン、ロックフォールなど、世界三大ブルーチーズが有名です。
ブルーチーズはクセが強く初心者向けではありませんが、何とも言えない美味しさがあります。
フルム・ダンベール、、ゴルゴンゾーラ、スティルトン、ロックフォールブルー、カブラレス、ケソ・デ・バルデオン、ダナブルー、ミセラ

ウォッシュタイプ
表皮にリネンス菌という菌の一種を植え付け、塩水にその土地のワインやブランデーを混ぜたものなどで、表皮を洗い(ウォッシュ)ながら熟成させるチーズです。
エポワス、マンステール、リヴァロ、ポン=レヴェック、タレッジョ

山羊乳(シェーヴル)タイプ
山羊乳のチーズを、英語でゴートチーズ、フランス語でシェーブル、イタリア語でカープラといいます。
山羊乳や羊乳のチーズは歴史が古く、最初に誕生したチーズであろうと考えられています
独特の匂いと酸味、さっぱりした食後感がありますが、クセが強く初心者向きではありません。
春先から夏が旬ですが、冷凍技術の発達で、今では年中口にできるようになりました。

羊乳のチーズを、英語でシープチーズ、フランス語でブルビ、イタリア語でペコリーノといいます。
ねっとりしてコクがあり、特有のほのかに甘みのある、まったりとした味わいをしています。
フェタ、セル=シュール=シェール、サント=モール・ド・トゥーレーヌ、ヴァランセ、クロタン・ド・シャヴィニョール、、バノン

セミハード&ハードタイプ
プレス器で強く圧力をかけて水分を抜き、長く熟成させたチーズです。
パルミジャーノ・レッジャーノ、チェダーチーズ、グリュイエールチーズ、ミモレット

みなさん御存じのパルミジャーノ・レッジャーノ・・・
パルマの銀行にこのチーズを丸のまま持って行くと、これを担保にお金が借りられます!!!
このチーズがそれだけ認められているものだということかもしれませんネ!
そして、パルミジャーノ・レッジャーノ(約40kg)のチーズを作るのに
必要なミルクの量は・・・約600リットル必要なんです・・・
美味しいわけですよネ。

今回もあれやこれやと探し出せばきりがないので、
このへんにしておきます^^

にほんブログ村 料理ブログへ←ポチッと押してくれると、私のポイントになる仕組みになっています。帰りがけに応援ポチッ、よろしくお願いいたします。ペコリ
にほんブログ村

|

« カポナータ(伊caponata) | トップページ | クロックムッシュー(仏croque-monsieur)クロックマダム(仏croque-madame) »

辞書」カテゴリの記事

コメント

ひろさんこんにちは!チーズ大好き♪楽しく読みました!
いつでもお酒飲めるように、うちにはチェダー・熟成チェダー・パルミジャーノ・グラナ・カマンベール・ダナブルー・ロックフォール・ゴルゴンゾーラ・エダム・スライスチーズは雪印~なプロセスチーズまでいっぱい在庫していますwine 乾杯(笑) happy02ポチ

投稿: creamat | 2010年7月14日 (水) 17時42分

ありがとうございます。
そんなに多くの種類をまだ
味わったことがないのですが、
中にはやぎのあじがするとかとっても
好みがわかれるチーズなど
一度チャレンジしたいのですが、
もし、食べれなかったらそれなりにするチーズなので
いつも、無難な取り合わせセットで済ませています。

ピザトースト用の溶けるチーズの
消費が一番です。かあちゃんはミルクもヨーグルトも
だめなので普通のプロセスチーズもだめなんです・・・

投稿: 茶々 | 2010年7月14日 (水) 18時18分

creamatさん、コメントありがとうございます。
(笑)
creamatさんの冷蔵庫の
チーズの多さにはかないません(笑)
チーズ好きチャンピオンです(笑)
乾杯~~~~!!(笑)

投稿: ひろ | 2010年7月14日 (水) 21時02分

茶々さん、コメントありがとうございます。
私も食べてないチーズは
山ほどありますヨ^^
羊や山羊はクセが強いので
注意してください(笑)

投稿: ひろ | 2010年7月14日 (水) 21時05分

ひろさん、こんばんは!
私もチーズ大好きです!
ブルーチーズ、チェダーチーズ、クリームチーズ、
とろけるタイプのシュレッドタイプのチーズなどを
頂きますが・・・
ヤギのチーズは知ってましたが・・・
羊のチーズもあるのですね!
頂いてみたいです!

ブラジルではカウボーイの奥さん方が作ったチーズを
たくさん頂きました!
料理にも、おつまみにもパンに入れたり・・・
大きな丸いチーズお土産に頂いたり・・・
チーズも本当に奥が深いのですね!
おいしいチーズで赤ワイン飲みたくなってきました!(笑)

投稿: みえ | 2010年7月14日 (水) 22時06分

ひろさん、ブログ訪問ありがとうございました!
Asuスタッフ広報部員のichibieです。
Asuとお呼びくださって大丈夫です~。
チーズも最近はデパ地下なんかで、おいしいのが買えますが、イタリアで食べたチーズのおいしいことったらなかったです。フレッシュチーズが好きなんですが、モッツアレラなんて、イタリアの食べてしまったら日本のは味もそっけもないな~と。
やっぱり、その地域に根差したものってあるんでしょうね。
トマトの記事も興味深く読ませていただきました。
これからもどうぞよろしくお願いします!!

投稿: Asu | 2010年7月14日 (水) 23時23分

アメリカに来てチーズの多さにびっくり★
失敗をしながら開拓し、自分の好きなチーズがやっと選べるようになったかな~って感じです。
でも、まだまだ試してみたいチーズが山ほどあります!
↑これプリントアウトして研究しよ~(笑)
φ(..)メモメモ
あとチーズにあうジャム、フルーツ、クラッカーなんかの開拓も同時進行中です。

投稿: モンステラ | 2010年7月15日 (木) 00時17分

ひろさんこんにちは~

今回のお勉強はチーズですね。

私の夫は、チーズ(乳製品)が嫌いなのに、とってもチーズの状態の良いお店で出してもらったものだけは、「美味しい~!」と言って食べるのですよ(笑)。

そうそう、自宅の近くにヤギと羊が居る公園があるのですが、ヤギからやヤギのチーズのにおい、羊からは羊のチーズのにおいがするのです。当たり前だけど、ちょっと不思議ですよね!

あ、それから、サボテンは、日本でも瓶詰めや缶詰で見かけることがありま~す。機会があれば是非お試しを~!(アロエっぽい食感です)

投稿: ぷく | 2010年7月15日 (木) 15時37分

チーズは本当に奥深いですよね。
食事の最後に食べられていたのが
前妻として使われた地食材としてソースなどに使われたたり・・・
種類も多くていつ見決まったものを買ってしまいます。

ひろさんのを読んでとても勉強になりました。

コピーしてノートに張っておきます(笑)

中部イタリアの人たち(トスカーナ)のことを確かに
mangia fagioli(マンジャ・ファジョリ)と
呼びますよね。
エトルリア時代から好んで食べていたようで食べる量は他の地方とは比べ物にならないくらい多いそうです。

いつも心温まるコメントありがとうございます。

私も応援ポチです。

ポチッ☆

投稿: yuko | 2010年7月15日 (木) 16時27分

チーズ大好きな凛りんです。
無s菓子はプロセスチーズしか食べられなかったけど、
癖のあるチーズって、一度ハマるともう泊まるところを知らないですよね。
私はコーヒーにチーズの組み合わせも大好きなので、
朝からコーヒーとチーズなんてこともあります。

>>
ねぎだれを多めに作り、毎日のおつまみに使っています~

投稿: 勇気凛りん | 2010年7月16日 (金) 09時06分

みえさん、コメントありがとうございます。
チーズって、
本当に色々用途がありますよね~^^
だから、みんなに好かれるんですネ。
ブラジルのチーズは
美味しかったですか?

投稿: ひろ | 2010年7月16日 (金) 09時22分

Asuさん、コメントありがとうございます。
本場イタリアでのチーズは
美味しいでしょうね~。
モッツァレラなどの
フレッシュチーズの
出来たては、特に美味しいでしょう^^
こちらこそ、
よろしくお願いいたします!

投稿: ひろ | 2010年7月16日 (金) 09時24分

モンステラさん、コメントありがとうございます。
そうですネ!
人それぞれ好みがあるので、
自分に合ったチーズ選びをしなくてはですネ^^
ん?
さすがモンステラさん!
チーズに合うジャム、フルーツ、クラッカー
ですか!!!
いいのあったら、教えてください^^

投稿: ひろ | 2010年7月16日 (金) 09時27分

ぷくさん、コメントありがとうございます。
そうなんですよね~
ヤギからやヤギのチーズのにおい、羊からは羊のチーズのにおい・・・・・
ぷくさんの言う通り
上手に熟成させたチーズは
一味も二味もちがいます。
旦那さん・・・チーズ通なのでは??
あっ!!
サボテンの情報
ありがとうございます!!

投稿: ひろ | 2010年7月16日 (金) 09時30分

yukoさん、コメントありがとうございます。
本当・・・
奥が深いです・・
まだまだ沢山の事を
学ばなければならないと、
再確認しました。
イタリアの豆好きの情報
ありがとうございます!!
ポチッ!応援も
ありがとうございました!!

投稿: ひろ | 2010年7月16日 (金) 09時35分

凛さん、コメントありがとうございます。
コーヒーにチーズですか^^
それもありかもしれません。
それぞれ、自分の好みで
好きなものをいただく、
幸せな気分になりますよね~!!
むむむむっ・・!!
やはり、そうでしたか!!(笑)
おつまみにも最高ですもんね~(笑)

投稿: ひろ | 2010年7月16日 (金) 09時41分

チーズを担保にお金が借りられるの???
驚きです。
(驚くところはたくさんあるけど)
チーズって一言で言ってもこんなにあるんですね。

チーズを作ることを想像すると
アルプスの少女ハイジのチーズ作り(おじいさんの)を思い出します。
(想像するとことがアニメとはしょぼいですが)

最近百貨店とかでも 沢山のチーズが並べられてるのでよく見に行くのですが・・・本当良いお値段(*^_^*)
チーズの種類や名前を見てもちんぷんかんぷんの私(笑)

我が家で使ってるチーズは全然安物ですが
ちょっとおもてなしとか記念日とかには良いチーズをチョイスしたりします。
(赤ワインを好んでよく飲むので)
また次のそういうイベントがあるときに選ぶチーズをひろさんののこの記事を片手に選びに行きたいと思います。

投稿: | 2010年7月16日 (金) 13時19分

↑ 私です!
ごめんなさい。名前書くのわすれたようです。

投稿: バリ猫(ゆっきー) | 2010年7月16日 (金) 13時21分

ひろさんこんにちはcoldsweats01
チーズ…我が家はみんな大好きですdeliciousと 言ってもこんなに種類があるのに驚きですsweat02 我が家はエビチリや豚キムチにも角切りチーズを入れたりする位ですdelicious
ひろさんのレシピで初めて使ったり食べたりしたのまありますdelicious

応援ポチッsign01ですhappy01

投稿: メープルまま | 2010年7月16日 (金) 15時26分

ひろさん
チーズいろんなものがあり楽しめますね
さすが良くお調べです、

コメントありがとうございます。

ぽちっとです

リソ゜ーニです

投稿: ryuji_s1 | 2010年7月16日 (金) 16時03分

ゆっきーさん、コメントありがとうございます。
(笑)確かに!
アルプスの少女ハイジ(笑)
想像しますね~(笑)
チーズはいろいろ種類もありますが、
いいチーズは、やはり、値が張りますよね。。
私も、もっぱら、安いチーズです^^

投稿: ひろ | 2010年7月16日 (金) 19時18分

メープルままさん、コメントありがとうございます。
海老チリや豚キムチに!!!
美味しそうですネ。
形や形式にとらわれず、
自分好みの美味しい料理を
作ってくださいネ^^
ポチッ!応援
ありがとうございます!!

投稿: ひろ | 2010年7月16日 (金) 19時19分

ryujiさん、コメントありがとうございます。
そうですネ~
色々・・・
本当に色々な種類が
あります。
まだまだ知らない事が・・・・
勉強勉強です。
ポチッ!応援
ありがとうございます!!

投稿: ひろ | 2010年7月16日 (金) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536006/48876098

この記事へのトラックバック一覧です: チーズ:

« カポナータ(伊caponata) | トップページ | クロックムッシュー(仏croque-monsieur)クロックマダム(仏croque-madame) »