« ボローニャ風カツレツ(伊Cotoletta alla Bolognese) | トップページ | 鶏のポタッキオ(伊Pollo in potacchio) »

マレンゴ風鶏の煮込み(Poulet Sauté Marengo)

マレンゴ風鶏の煮込み(仏Poulet Sauté Marengo)

101002_181918 101002_182044

ナポレオンの料理人デュナンがイタリアはマレンゴの戦いの夜、
即席の材料で作った料理とされています。

1800年6月14日、イタリア北部のピエモンテ州、
アレッサンドリア近郊の町マレンゴにおいて、
ナポレオン率いるフランス軍が、オーストリア軍を打ち破った夜
ナポレオンお抱えの料理人のデュナンが到着したが・・・
食料を乗せた馬車が遠いところにいて、料理が作れない状態だったそうです・・・

ナポレオンに出す料理が間に合わない・・・・
せっかちなナポレオンを満足させるため、
急いで周辺の農家を回ってみると、
藁葺き屋根の朽ち果てた農家が見えたので、
行ってみると・・・

なんとか庭先で2~3羽の鶏と、卵・・・

畑からトマトと大蒜を・・・

そして、家の台所にあったオリーブ油、硬くなったパンなどをかき集めました・・・

そして、農家の家から戻る途中に小川があり、
そこでザリガニを見つけてきたので、ザリガニも油で揚げて付け合せました。

ナポレオンはこの即席の料理を
おおいに喜び、その後もこの料理をリクエストしました。

あるときデュナンは同じ料理では飽きるだろうと思い、仔牛にきのこを添えた料理を出したら
ナポレオンは不機嫌になったそうです(笑)

ナポレオンはマレンゴの勝利を大切にするため、縁起をかついで、
よくこの料理を食べるようになったそうです。

イタリアの地において、フランス人が発明したフランス料理・・・
イタリア料理とも・・
フランス料理ともとれますが、
今回はフランス料理として紹介させていただきます^^

材料(4人前)
鶏のもも肉(骨付き)・・・4本
塩、胡椒、粉
海老・・・・・・・・・・・・・・16本
バター・・・・・・・・・・・・・50g
オリーブ油・・・・・・・・・30cc
ニンニク・・・・・・・・・・・2片
マッシュルーム・・・・・12ヶ
ローリエ・・・・・・・・・・・2枚
タイム・・・・・・・・・・・・・4本
白ワイン・・・・・・・・・・・200cc
水・・・・・・・・・・・・・・・・200cc
固形コンソメ・・・・・・・・1ヶ
ホールトマト・・・・・・・・・1缶
トマト(フレッシュ)・・・・・2ヶ分

塩、胡椒
イタリアンパセリ
卵・・・・・・・・・・・・・・・・4ヶ

作り方
①鶏のもも肉に塩、胡椒して小麦粉をまぶします。
101002_171815

②ニンニクはみじん切り、マッシュルームは半割にカットします。
③フライパンを中火にかけオリーブ油、バターを溶かし、もも肉を入れ、きつね色に焼き、フライパンから皿に取り出し冷めないようにしておきます。
101002_172603

④同じフライパンでそのまま海老を焼き、これも取り出しておきます。
101002_172857

⑤鶏を取り除いたフライパンに、ニンニク、ローリエとタイムを入れ香りを出します。
101002_173019

⑥白ワインを加え、沸騰させながらフライパンに付いた旨みをこそげ落とし、鍋に移し替え軽く煮詰めます。
101002_173248

⑦焼いたもも肉、水、固形コンソメ、ホールトマト(手で潰しながら)を入れ、軽く塩、胡椒して弱火で煮込む。
101002_173712

⑧途中、トマトのざく切りを加えます
101002_174918

⑨20~30分くらい煮て、もも肉に、あらかた火が入ったら、マッシュルームと焼いた海老を加える。
101002_175658

⑩5分くらい煮て、最後に塩と胡椒で味を調え皿に盛ります。
⑪目玉焼きを焼き、のせて、イタリアンパセリの刻みをふりかけ、出来上がりです。

今回の付け合わせは、バターライスです^^

今回は骨付きのもも肉を使いましたが、
骨無しのもも肉でもいいと 思います。
その場合は煮込み時間を少なめにしてください。
また、鶏手羽や手羽元でも美味しく仕上がると思います。

トマトホールは、生のトマトだけでもかまいません。
玉葱や人参、ジャガイモを加えても美味しいと思います。

分量はあくまでも参考の目安なので、
好みに応じて作ってみてください。

にほんブログ村 料理ブログへ←ポチッと押してくれると、私のポイントになる仕組みになっています。帰りがけに応援ポチッ、よろしくお願いいたします。ペコリ

にほんブログ村

|

« ボローニャ風カツレツ(伊Cotoletta alla Bolognese) | トップページ | 鶏のポタッキオ(伊Pollo in potacchio) »

コメント

ひろさまはいつもおもうのですが
すごく博識のあるお方ですよね。

料理する人は、みんなこのように
料理の由来を知って、修行されるのでしょうか?
日本料理や中国料理にもこのような
いわれの料理が多く存在するのでしょうか?
ちょっと気になっています・・・

ザリガニはアメリカザリガニしか知りません。
子供のころ、貧しかったのか知れませんが
近くで捕まえたものを食べたことがあります。
印象としては、今食べてる海老より
おいしかった思い出があります。

きっと、ザリガニで作れば100倍もおいしい?って
勝手に思いこんでしまいました。
すいません。

今は食品衛生上手に入らないのですかね~
死ぬまでに、確認したい味の一つです。
まずかったら死ねないですね・・・


投稿: 茶々 | 2010年10月 2日 (土) 22時15分

マレンゴ風 ナポレオンのこのような話が
あったとは知りませんでした。
面白いですね。
勉強になります。
鶏の旨味とエビの旨味・・・
とっても贅沢で豪華なお味ですね。
これらの旨味がしみ込んだこのソースは
たまらないですね。
半熟卵の黄身をとろ~りとさせて食べたいです。

いつも素敵なレシピありがとうございます。
次も楽しみです♪

応援ポチッ☆

投稿: yuko | 2010年10月 2日 (土) 22時46分

茶々さん、コメントありがとうございます。
料理人にも色々いると思いますヨ(笑)
私も知識は豊富ではないので、
日々、勉強の毎日です。
仕事以外では、おちゃらけた部分もありますが(笑)
料理の事に関しては、
真剣に取り組んでいきたいと感じています。

ざりがに・・・
一昔前までは、フランス料理で
良く見かけた食材ですが、
近頃はあまり見かけなくなりました。
淋しい限りです。
日本でも、食用のザリガニは
生産されていますヨ。

投稿: ひろ | 2010年10月 2日 (土) 23時13分

yukoさん、コメントありがとうございます。
yukoさんでも、知らない事があるのですネ。
イタリアでは、このマレンゴ風は
やはり・・・イタリア料理なのでしょうか・・・?
ポチッ!応援
ありがとうございます!!!!

投稿: ひろ | 2010年10月 2日 (土) 23時16分

こんばんは!
鶏に海老に・・・とても豪華でおいしそうです!
卵ものって!
鶏、海老、ニンニクやコショウ・・・体を温める食材で・・・・これからの季節には嬉しいレシピですね

私は本当に寒くなる前に・・・少しでもダイエット!
今年に入って一番軽い体重、体脂肪率・・・更新中です!こんなお料理を頂きながら・・・運動していったら・・・・嬉しい結果がでますね!

明日は頑張ります!水泳も・・・施術も!(爆)
ひろさんはお休みですか?
お仕事かしら?
お休みの時にはお身体・・・休めて下さいね!

投稿: みえ | 2010年10月 3日 (日) 00時09分

肉+海鮮のMIXですか!
これはボリューミーで戦に勝てそうなメニュー。
バターライスにしてくれたところが
これまた嬉しいな♪
目玉焼きのボーナス付きでサービス満点★

投稿: モンステラ | 2010年10月 3日 (日) 00時59分

マレンゴ風…気になりつつ作ったことはない料理です。
即席で作られた料理だったのですね~。
由来って面白い^^

そしてとても美味しそうな料理にポチっとさせていただきます。

投稿: エル | 2010年10月 3日 (日) 09時11分

こんにちは。
マレンゴ風ってなんだろう?って熟読してしまいました(笑)町の名前なんですね。
そして今回のお話♪
なんかナポレオンみたいに立派な方でも
好きな料理は何度でも食べたくなるんですね~。
即席で作った料理・・・
っていうかそこまで惚れこませる料理を作っちゃう料理人ってやっぱりすごいですね。
こうやって料理の由来を学ぶのもおもしろいですね。

投稿: バリ猫(ゆっきー) | 2010年10月 3日 (日) 15時28分

こういった地方の名前のついたお料理は、そのルーツを知るのも楽しいですよね。
いつもおもしろいお話をありがとうございます。
エビに鶏、私の好きなもの2つ!おいしそうです~

>>
万能葱たっぷりいいですね~
きっともっとおいしくなると思います。

投稿: 勇気凛りん | 2010年10月 3日 (日) 16時53分

むむっ、ひろさん!目玉焼きが上手~(◎´∀`)ノ
実は私、10cm径の目玉焼き、失敗なく作れるようになったのよ♪
ひろさんのような腕を持ってないから
ミニフライパン使用だけど‥(笑)

へぇ~今回のお料理は
ナポレオンの料理人が作った“マレンゴ風鶏の煮込み”?
ずごーい!!!
歴史の勉強も兼ねてたりして‥^^
チキンレッグに大きなエビに‥
ひろさんのお料理は、いつも食材が贅沢に使われてますね。
チキンと魚介のエキスでバターライスも美味しそうdelicious

投稿: orihime | 2010年10月 4日 (月) 23時57分

おひさしぶりです!
今回もおいしそうですねー*
鶏肉とエビ!私の大好物です笑!!
バターライスと。。。
おいしそうです!!

投稿: かよ | 2010年10月 5日 (火) 10時55分

私の持っているマレンゴ風鶏の煮込みのレシピは、海老類が入ってないものでした。
ナポレオンとシェフ氏のエピソードも一緒に載っていたのですが、それを読んで「ナポレオンてずいぶんシンプルな料理が好きなのね〜コレだけの材料でナポレオンをうならせる料理を作れたシェフ氏は、やはり天才だったのね〜」と半分不思議だったのですが、この記事を読んでやっと納得。
オリジナルにはザリガニが入っていたんですね!!!
これならナポレオンが感激したのも分かります。
スペインでもマヨルカ島辺りのレシピで、鶏と海老を組み合わせたものがあり「美味しいかな?どうだろう?」と興味津々だったものの未だ作っておらず。
今度やってみます。

投稿: サスピ | 2010年10月 5日 (火) 17時22分

ひろさん、いつも興味深いお話をありがとうございます。鶏とエビなんて贅沢な組み合わせ~!
骨付きもも肉は我が家にはボリューム過多なので、手羽元辺りでチャレンジしてみたいレシピです♪

投稿: Asu | 2010年10月 5日 (火) 21時07分

ひろさんこんばんはcoldsweats01
ナポレオンが食べたレシピを 食べれるなんて 驚きですhappy01 スーパーで 鷄もも肉 トマトの組み合わせは 絶対美味しい…それに 海老が… delicious
海老は 殻のままの方がいいですか
応援ポチッsign01っとですclover

投稿: メープルまま | 2010年10月 6日 (水) 20時44分

たびたびです
スーパーで冷凍の鷄骨付きもも肉が 安かった…とコメントするつもりが 省いてしまったので…
失礼しました

投稿: メープルまま | 2010年10月 6日 (水) 20時48分

ひろさん、お久しぶりです!
海老、皮つきが美味しいですよね。私もレストラン時代は皮付きのまま調理することが多かったです。
けど自宅料理となると、殻をむいて調理することのほうが多いんですけど(尻尾の先すら残さないこと多し。笑)
このお料理、パンと一緒にたべたいな~!
ぽちっと応援!

投稿: creamat | 2010年10月 8日 (金) 02時42分

骨付き鶏肉に海老ちゃんshine
ゴージャス料理ですね!!
ひろさん家のパーティ是非呼んでください。
えっパーティ料理ですよね!?
海老皮付きは旨味が増しますよね!!
海老好きなので、納得(笑)

応援ポチですheart04

投稿: ゆりりん | 2010年10月11日 (月) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536006/49628441

この記事へのトラックバック一覧です: マレンゴ風鶏の煮込み(Poulet Sauté Marengo):

« ボローニャ風カツレツ(伊Cotoletta alla Bolognese) | トップページ | 鶏のポタッキオ(伊Pollo in potacchio) »