« アリスタ(伊Arista di maiale arrosto) | トップページ | ボンバ(伊Bomba) »

ガレット・デ・ロワ(仏Galette des rois)

ガレット・デ・ロワ(仏Galette des rois)

Cimg0318 Cimg0320

ガレット(仏galette)とは円形のお菓子を意味し、ロワ(仏roi)とは王様を意味します。
つまりガレット・デ・ロワ(仏galette des Rois)は
王様のケーキという意味のお菓子になります。

ガレット・デ・ロワは1月1日の14時に売り出されるのが慣習になっており、
フランスでは年が明けるといっせいにお菓子屋さんやパン屋さんに並び、
エピファニーの頃になると、このガレット・デ・ロワが山積みになります。
フランスでは新年に欠かせないお菓子です。

日本でも、季節や行事の時に必ず食べるお菓子というものがありますよね。
お正月のおもち・・・・
お彼岸に食べるおはぎ・・・・
端午の節句のちまき・・・・
それと同じで、フランス人はこれを食べないと一年が始まらないというくらいです。

フランスではこれを買って家族や友人たちが集まり、切り分けて食べます。
1月6日の公現祭(エピファニー)に由来するお菓子ですが、
最近は、1月6日に限らず、1月中であれば人が集まれるときに食べています。

公現祭(エピファニー)
12月25日のキリストの生誕を聞きつけて、
東方からバルタザール、メルシオール、ガスパールの
3人の賢人がベツレヘムに訪れ、キリストに謁見し、その誕生を祝った日です。
御公現(神が公に現われる)をお祝いする日で、
本来は1月6日ですが、1月6日が日曜日でない年は1月6日の後の最初の日曜に祝います。

エピファニーという言葉の意味は、
「示す」とか「知らせる」とか「明らかにする」という意味合いがあります。
名称のロワ(rois)(王たち)とは
フランス語でロワ・マージュ(rois mages)と呼ばれる
東洋の3賢人の事とも言われています。

ガレット・デ・ロワのお楽しみは、お菓子にあらかじめ仕込まれ隠れている
フェーヴという、小さい陶器の人形を誰が当てるかということです。
もともと乾燥した豆を使っていたのでそう呼ばれていますが、
今では陶器製のかわいい人形が使われています。

切り分けられた自分のお菓子の中にフェーヴがあった人は
王冠をかぶり、祝福を受け、
幸運が1年間継続するといわれています。

フェーブは、直訳するとソラマメという意味です。ソラマメは、胎児の形をしており、
古代から命のシンボルとして扱われていました。

ガレット・デ・ロワの起源は、
古代ローマのサートゥルヌスの祭典サートゥルナーリアにさかのぼると言われ、
サートゥルナーリアの饗宴では豆を一つ入れたケーキが供され、
豆が当たった出席者を宴の王とする習慣があったそうです。

金貨やソラマメが陶製の人形になったのは、
1874年、パリのお菓子屋さんが、
初めて、ガレットの中へ陶製の人形をいれたのが始まりとされています。

直径15cm 2台分

パイ生地(フィユタージュ)(仏feuilletage)
材料

薄力粉・・・・・・・・・・・・125g
強力粉・・・・・・・・・・・・125g
水・・・・・・・・・・・・・・・・150cc
塩・・・・・・・・・・・・・・・・5g

バター・・・・・・・・・・・・200g

作り方
①薄力粉と強力粉は合わせてふるってボールに入れます。

Cimg0271

②水に塩を加え混ぜ合わせておきます。
③粉の入ったボールに、塩を溶いた水を一気に入れます。
注:少しずつ入れると水分が全体に行き渡らず、均一に混ざりにくいです。
Cimg0272

④全体的に混ぜ合わせます。
注:練りすぎるとグルテンが出て後の作業がやりにくくなります。
Cimg0273

⑤練る必要はないので、表面はザラついている程度で、生地がまとまればそれでいいです。
Cimg0274

⑥十字に切り込みを入れ、ラップをして1時間位、冷蔵庫で生地を休ませます。
Cimg0275

⑦打ち粉は少なめにしながら麺棒で軽く広げるようにしながら、全体の厚みを均一にしていきます。
Cimg0276

⑧バターを麺棒で叩き押しながら正方形にのばしていきます。
注:バターは生地と同じ位の硬さにします。
  柔らかすぎたり、溶け出しているなら一度冷蔵庫で冷やしてから使いましょう。

Cimg0277

⑨生地の上にバターを斜めに置き、包み込みます。
Cimg0278 Cimg0279

⑩全体を包み込んだら、つなぎめをしっかりつまんでとめます。
Cimg0280

⑪打ち粉を生地と台の間に打ち、麺棒を使って体重をかけながら均一に伸ばしていきます。
Cimg0281

⑫3倍の長さにしたら、表面の打ち粉を払い 、手前1/3を折ります。
Cimg0285

⑬向こう側の1/3を手前に折り、三つ折り1回終了です。
Cimg0286

⑭生地を90度回転させ、両端をしっかり麺棒で押さえ今の三つ折りの作業を3回繰り返します。
注:途中、バターが溶け出してくる様なら、いったん冷蔵庫で冷やしましょう。

Cimg0287 Cimg0288

アーモンドクリーム(クレム・ダマンド)(仏Crème d'amande)
材料

バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・100g
粉砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・100g
卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2ヶ
アーモンドパウダー・・・・・・・100g
アーモンドスライス・・・・・・・・70g

①アーモンドスライスはオーブンで軽く焼いておきましょう。
②バターは泡立て器で混ぜられるくらいのポマード状にしておきます。
③ボールに入れて泡立て器で混ぜ滑らかにします。
Cimg0290

④粉砂糖を数回に分けて加え混ぜます。
Cimg0291 Cimg0292

⑤溶いた卵を1/4の量くらい入れ、よく混ぜ合わせます。
Cimg0294

⑥滑らかにつながったら、少量づつ、1回1回滑らかになるまで混ぜながら加えていきます。
注:卵を入れるとき、混ざりきっていないのに次の卵を加えると、必ず分離しますので注意しましょう。

⑦アーモンドパウダーを一度に加え混ぜ合わせます。
Cimg0296

⑧アーモンドスライスを加え混ぜ合わせます。

Cimg0299

ガレット・デ・ロワ(仏Galette des rois)
材料
①生地をのばし1枚下に敷く。
Cimg0298

②クレム・ダマンドを円形状におき、平らにします。
Cimg0302

③フェーブ(人形)を入れます。
Cimg0303

④上から伸ばした生地をかぶせます。
注:空気が入らない様に生地を閉じます。
Cimg0305

⑤クリームの入っている部分と、入っていない部分が分かるように軽く押さえます。
Cimg0307

⑥境目をしっかり指で押さえ、冷蔵庫に入れて30分位よく冷やします。
Cimg0309

⑦ボール等を使って円形状に周りを切ります。
Cimg0314

⑧中心に竹串等を刺し、均等に模様をナイフで切り入れていきます。
Cimg0310 Cimg0313_2

⑨表面に薄く卵を塗り200℃のオーブンで20分位焼きます。
⑩その後190℃に温度を下げ15分程焼きます。
注:焦げそうだったらアルミホイルを上に乗せましょう。

Cimg0315

ガレット・デ・ロアを焼いて、
1年の運だめし・・・・
どうですか^^?

にほんブログ村 料理ブログへ←ポチッと押してくれると、私のポイントになる仕組みになっています。帰りがけに応援ポチッ、よろしくお願いいたします。ペコリ

にほんブログ村

|

« アリスタ(伊Arista di maiale arrosto) | トップページ | ボンバ(伊Bomba) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ひろさん、明けましておおめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

コメントが遅くなりましたが
いつもひろさんの記事では勉強させていただいて
読んだあとは、少し賢くなった気がするのですよ~

これからもお伺いするので、よろしくお願いしますね。

ところで、ガレット・デ・ロワ、日本でも最近売ってるお店がありますよね~
フェーブをコレクションする方もいらっしゃるみたいですね。

ひろさんのパイ生地の延ばし方と模様の美しさに、本当に惚れ惚れとしてしまいました~。流石プロですね!
今回は誰が「当たり」だったのでしょうか~?

投稿: ぷく | 2011年1月 4日 (火) 01時00分

ひろさん 明けましておめでとうございます。

すご~い!
無茶苦茶手の混んだお菓子ですね。工程の写真を見てるだけでため息ものです(^^ゞ
でも 切り分けて 陶製の人形が出てくるなんてなんか遊び心が刺激されて楽しいですね。
なんか本当に幸せな気分になれるイベントって感じがします。

各地いろんな風習、お正月があるんですね。
知らないことだらけだけど でもちょっとしたことだけど 他国の素敵な風習を知れて感動できるのも知らないことが多いからこそ^m^
また今年もいろんなこと教えてくださいね。

また2011年もよろしくお願いします。

投稿: バリ猫(ゆっきー) | 2011年1月 4日 (火) 11時07分

ひろさんsunこんにちはdelicious
面白い言われのお菓子ですねdelicious 中国だったか お正月に餃子の中に コインだったかを入れて お正月に食べ 1年を占い やっぱり当たった人は縁起がいいとか 聞いたことあるけど 日本で言うとこの初詣のおみくじ…フランス版 (笑)
バターをたくさん使ってきっと美味しいだろうなぁ〜lovelyでも私には難しいそうcoldsweats02sweat02
応援ポチッsign01

投稿: メープルまま | 2011年1月 7日 (金) 14時33分

ひろさん、あけいましてオメデトウございます!
リンクありがとうございました(´▽`)
ガレットデロワ、パイ生地から練るなんて!!!
私もフレンチやっていたころ、パイ生地をお店で作っていましたが、あれだけは今自宅でやろうとはおもいません(笑)難しい~!!
こんなお料理できちゃう旦那さんがいたら、奥さん何もしなくていいいいな~┐(  ̄ー ̄)┌
と、ナマケモノな私はいつも考えながらヒロさんのブログを楽しんでいます(笑)

投稿: creamat | 2011年1月 7日 (金) 18時38分

ひろさんご無沙汰しております。

このフランスのガレット・デ・ロワ初めてです。
イタリアには中に何かを入れてなんていうお菓子あまり思いつかないのですが年末にポルトガルに行ったら
ボーロ・レイというやはり中に空豆と人形が入っているお菓子がありました。人形を当てた人は王様としてふるまえ 空豆を当てた人は来年のボーロ・レイを用意しなければいけないそうです。似ていますね。

ものすご~く丁寧なレシピで作ってみようかな・・・と思いますが できればひろさんが作られたものを
頂きたいです~♪

遅ればせながら今年もよろしくお願いいたします。
ひろさんのレシピいつも楽しみにしております。

ポチッ☆

投稿: yuko | 2011年1月 8日 (土) 02時22分

明けましておめでとうございますfuji

ガレット・デ・ロワ・・・名前は聞いたことありましたが、意外に大きいのですね!
イギリスに指輪とか入れるクリスマス菓子がありましたが・・・西欧はそういう遊び心があるお菓子がいろいろありますねhappy01

アーモンドクリームたっぷりですごく美味しそうlovely
今年もステキなレシピを楽しみにしています。
ポちっと応援!

投稿: エル | 2011年1月 8日 (土) 18時37分

新年shine明けましておめでとうございます。

わぁ早速ガレットデロワだぁ。
パン屋時代では作っていたので、とても懐かしいです。
でもひろさん!!
手作業で作っている所が素敵ですheart
私は機械で折込作業してましたもの。
大変ですよね~coldsweats02
でもひろさんの愛情をたっぷり感じます。
新年も応援ポチですwink

投稿: ゆりりん | 2011年1月 9日 (日) 09時45分

ひろさん、あけましておめでとうございます♪
(ご挨拶、遅れました

今年もわかりやすい本格イタリアンとフレンチ楽しみにしています!

ガレット、バターの折り込みとか難しいんですよね~。送ってくれませんか~(笑)

投稿: Asu | 2011年1月11日 (火) 21時23分

こんにちは♪
私もスペイン版ガレット・デ・ロワ作りましたよ〜
とは言っても全然別もので、大きな輪っか型の菓子パン風ケーキですが。。。
そしてこちらでは隠された空豆に当たってしまうと、その人が次の年のを用意しなければならないんです(だから切り分けのとき結構盛り上がります^ ^;)
それにしてもガレット、美味しそう〜
アーモンドクリームに目がないので(しかもこんなにたっぷりと入ってて)ヨダレがたれてきそうです(失礼!)

投稿: サスピ | 2011年1月13日 (木) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536006/50480775

この記事へのトラックバック一覧です: ガレット・デ・ロワ(仏Galette des rois):

» 初節句の情報 [初節句の情報]
初節句の情報を配信中 [続きを読む]

受信: 2011年1月21日 (金) 22時38分

« アリスタ(伊Arista di maiale arrosto) | トップページ | ボンバ(伊Bomba) »