« ピッカータ (伊 piccata) | トップページ | アクアコッタ(伊Acqua cotta) »

鶏肉のパン屋風(仏poulet à la boulangère)

鶏肉のパン屋風(仏poulet à la boulangère)

Cimg0624 Cimg0625

boulangereは直訳するとパン屋という意味です。

フランスでは、じゃがいもと玉ねぎの薄切りと肉や魚を一緒にオーブンで火を通す料理を、
パン屋風と呼んでます。
昔は、元々は農家の主婦達が各家庭で下ごしらえしたベッコフ鍋をパン屋さんに持ち込み
パンを焼き終わった釜の余熱を借りて作っていたのが名前の由来のようです。

pomme de terre boulangere(ジャガイモのパン屋風)という料理は有名ですが
今回はそれに鶏肉を使い料理してみました。
チキンの旨みが、じゃがいもに染み込み、
もはやメインはジャガイモ・・・でした(笑)

材料
鶏モモ肉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・700g
ジャガイモ(メークイン)・・・・・・・・4ヶ(600g)
玉葱・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・400g
塩、胡椒
オリーブオイル・・・・・・・・・・・・・50cc
にんにく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2片
白ワイン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・300cc
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200cc
コンソメ(固形)・・・・・・・・・・・・・・2個
ローリエ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2枚

作り方
①鶏モモ肉は適当な大きさにカットし、塩、胡椒で味をします。
注:煮込むので、あまり小さくカットしない方がいいです。
②玉葱は厚めのスライス、ジャガイモは皮をむいてスライス、にんにくは、皮と芽を取り除いてスライスします。
Cimg0614

③鍋にオリーブオイルを熱し、鶏肉をソテーします。
Cimg0615

④色が付いたら、一旦取りだします。
Cimg0617

⑤鶏を焼いた油でニンニクスライスを弱火で炒め香りを出します。
Cimg0616

⑥玉葱を加え中火で炒めて、途中、軽く塩、胡椒します。
Cimg0618

⑦ジャガイモを加え、軽く炒めます。

Cimg0619

⑧焼いた鶏肉を戻し、白ワイン、水、コンソメ、ローリエを加えます。
Cimg0620 Cimg0621

⑨軽く塩、胡椒をして、弱火でゆっくり煮込みます。

Cimg0622

分量はあくまでも参考の目安なので、
好みに応じて作ってみてください。

東北・関東大震災により、被災された方々に

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復興を、心よりお祈りしています。

にほんブログ村 料理ブログへ←ポチッと押してくれると、私のポイントになる仕組みになっています。帰りがけに応援ポチッ、よろしくお願いいたします。ペコリ
にほんブログ村

|

« ピッカータ (伊 piccata) | トップページ | アクアコッタ(伊Acqua cotta) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

このお料理は初めてです
それにしても面白い名前の由来ですね
パンが焼き終わった後の釜の余熱を借りて料理…
古き良き時代が浮かびます
なんておいしそうなんでしょう!!
旨味をたっぷり吸ったジャガイモがたまりません~
とろ~としたソースはパンにつけていただきたいです
素敵なお料理ありがとうございました
(σ`・ω・´)σ凸 ポチッ☆

投稿: yuko | 2011年4月15日 (金) 23時12分

パン屋風ってそういう由来なんですか。
私はまた、フライパンとか鍋のパンだと思ってました。
聞いてみないとわからないもんですね。

『チキンのうまみがじゃがいもに・・・』
おいしいに決まってる~!!
以前はじゃがいもはお腹に溜まるので苦手だったんですが、最近は好きで好きで。(笑)

また今日も大きな余震がありましたがみなさんお怪我ないですか?
みんなで負けずにがんばりましょう。

投稿: なめっぴ | 2011年4月16日 (土) 16時11分

フランス料理本で「ベッケオフ」という料理があって、そこでこういう中世の作り方を知りましたが・・・
生活の知恵ですよね~^^

鶏ダシが野菜に行き渡って美味しそうshine
ステキなレシピありがとうございます

ポチ!っと応援です

投稿: エル | 2011年4月17日 (日) 08時45分

パン屋さんの窯の余熱かぁ…無駄がなくて良い風習ですね(^^)
それになんて言うか そうそう交流…お店と主婦の身近な関係…人との繋がりの温かさも感じるお話ですね(^^)

そんなふうにできたお料理 それを囲んで楽しく食事する風景まで浮かんできそうです(^^)

なんかお料理だけじゃなく 今日もステキなお話ありがとうございます♪

投稿: バリ猫(ゆっきー) | 2011年4月17日 (日) 18時00分

ひろさんこんばんはcoldsweats01パン屋風…おもしろいですねbread
鶏肉もやわらか 
おいしいし 比較的 簡単で ジャガ芋も おいしい
パン屋の窯で作るとまた 味が 違うのかな
応援ポチッsign01

投稿: メープルまま | 2011年4月17日 (日) 21時05分

ひろさんこんばんわ(^^ゞ
お元気でいらっしゃいますか?
パン屋風って
面白い名前の由来ですねーーーcoldsweats02
余熱でお料理!!
まさに今必要なエコクッキングですねhappy01
鶏肉とごろっとじゃがいも!
食べたいな^m^

投稿: ゆりりん | 2011年4月17日 (日) 21時16分

じゃが芋と重ねてオーブンで調理するのが
パンや風って面白いですね~。
鶏もこんがり香ばしくておいしそうです。

大きな石窯とかは余熱も
結構長く高温ですもんね。

アルバイトのトライアルは
雇う側のトライアルです。
使えるかどうかお試しって感じで。
まだ、連絡がないので、
だめだったのかも。
やりたいお仕事だったんですけどね~。

投稿: fanifani | 2011年4月18日 (月) 00時00分

ひろさん
この料理は名前は知らなかったのですが、我が家ではよく作る定番料理ですよ。
パン屋風というのですね。
のだめカンタービレという漫画の劇中?に出てきたレシピで作ったらおいしかったので定番になりました。
今はパン屋になべを持っていっても煮てもらえないでしょうね(笑)
名前の由来などわかって勉強になりました。

投稿: マルソータ | 2011年4月18日 (月) 07時10分

yukoさん、コメントありがとうございます。
古き良き時代・・・・
そうですネ(^.^)
そうそう!!!!
旨味もしっかり吸って、
美味しかったですよ~~~~\(^o^)/
ポチッ!応援
ありがとうございます!!!!

投稿: ひろ | 2011年4月19日 (火) 22時44分

なめっぴさん、コメントありがとうございます。
フライパンのパン・・・
ではないです(^.^)
パン屋さんのパンです。
じゃがいもはカロリーも低く、
栄養価も高いので、安心して沢山食べて下さい(笑)

投稿: ひろ | 2011年4月19日 (火) 22時46分

エルさん、コメントありがとうございます。
さすがエルさん!!!
ベッケオフをご存知ですか(^.^)
ベッケオフも、始まりは、パン屋風と同じだそうですヨ(^◇^)
親戚ですネ(笑)
ポチッ!応援
ありがとうございます!!!!

投稿: ひろ | 2011年4月19日 (火) 22時48分

ゆっきーさん、コメントありがとうございます。
『お店と主婦の身近な関係…人との繋がりの温かさも感じるお話ですね・・・・』・・・
まったく同感です(^.^)
料理は人と人をつなげる事も出来るのですネ。

投稿: ひろ | 2011年4月19日 (火) 22時50分

メープルままさん、コメントありがとうございます。
そうですね~!!!
簡単に出来るのに美味しい!!!
昔の人たちは良く考えたものですフムフム
パン屋で作ると・・・・
じっくりの火加減で・・・
美味しいと思いますヨ\(^o^)/
ポチッ!応援
ありがとうございます!!!!

投稿: ひろ | 2011年4月19日 (火) 23時02分

ゆりりんさん、コメントありがとうございます。
エコ料理!!!
良く考えたら、その通りですね~(^.^)
旨味がたっぷりのジャガイモは
最高ですよ~\(^o^)/

投稿: ひろ | 2011年4月19日 (火) 23時03分

faniさん、コメントありがとうございます。
そうだったんですか~
雇う側のトライヤルだったんですネ。
わざわざ報告ありがとうございます

そうですネ!!
大きな窯ほど予熱がじんわりと・・・
さぞ、美味しく出来る火加減だったんでしょうネ!

投稿: ひろ | 2011年4月19日 (火) 23時06分

マルソータさん、コメントありがとうございます。
え~~~~!!!
そうだったんですか~!!!
定番料理だったとは、おみそれいたしました(^.^)

今度は、パン屋さんにもっていって、
作ってみてはいかがでしょうか?(^◇^)

投稿: ひろ | 2011年4月19日 (火) 23時08分

ひろさん、
昔の人の知恵って素敵ですね。パン屋さんの釜の余熱を使うなんて、まさに環境に優しい節電対策。しばらくぶりでしたので、地震後、第2話を初めて読みました。ご実家も大変だったんですね。今もきっと不自由されていることだとお察しします。アメリカで、新聞もテレビも日本のものは購読していないので、唯一、ネットで流れるまとめニュースのようなものを毎日20分ほど見聞きしていますが、もっとしっかりしたリーダーに舵取りをしてほしいものだと思います。どうぞご親族の方が一日でも早く元通りの生活に戻られますように。応援して帰ります!

投稿: ソフィー | 2011年4月20日 (水) 08時40分

パン屋風だなんて。
なるほどねぇ~。
1つのお鍋でがっつり♪
ボリューミーな一皿ができちゃいますね。

投稿: モンステラ | 2011年4月20日 (水) 11時37分

ソフィーさん、コメントありがとうございます。
色々心配していただき、ありがとうございます。
そうですネ(^^)
昔の人の知恵ってすばらしいと思います。
エコ料理ですネ(#^.^#)

投稿: ひろ | 2011年4月20日 (水) 19時57分

モンステラさん、コメントありがとうございます!
そうそう!!!!
がっつりです(笑)
旨味もがっつりですヨ(^^♪

投稿: ひろ | 2011年4月20日 (水) 19時58分

へえ~面白い由来なんですね。
パン屋風。
余熱料理って、じわじわを味がしみ込みそうで、とってもおいしそうです~

>>
春のケーキ、スポンジも米粉を使ったので
もう一度作ってみて分量確認してからアップします。

投稿: 勇気凛りん | 2011年4月21日 (木) 10時20分

チキンとじゃがいも、最高の組み合わせです!!
名前の由来面白いですね。初めて知りました。
う~ん、おいしそう❤

投稿: Asu | 2011年4月21日 (木) 21時32分

はじめまして。こんにちは。いつも、参考にさせていただいています。この料理も作ってみました。とてもおいしかったです。オーブンでと書かれていたので、煮込む代わりに、オーブンでやってみました。よくわからなかったので、適当にやってみたのですが、どのくらいでやるのがいいのでしょうか?

投稿: けいちゃん | 2011年5月29日 (日) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536006/51397540

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏肉のパン屋風(仏poulet à la boulangère):

» 作り方 [作り方:レシピ!上手に作るコツ!]
作り方について書いてみました。よかったら見てください。 [続きを読む]

受信: 2011年4月15日 (金) 23時59分

« ピッカータ (伊 piccata) | トップページ | アクアコッタ(伊Acqua cotta) »