« アクアコッタ(伊Acqua cotta) | トップページ | ピッツァ・ビスマルク(伊Pizza Bismarck) »

カスタードプディング(仏crème caramel)(仏crème renversée au caramel)

カスタードプディング(仏crème caramel)(仏crème renversée au caramel)

Cimg0667 Cimg0668

今回はイギリスで生まれ、フランスで完成された
プリンを作ってみました。

プリンはもともと甘いお菓子ではなく、
あり合わせのパンくずや小麦粉、卵などを混ぜて味付けし、
ナプキンで包んでヒモで結び、蒸し焼きにしたものでした。
風通しの良い所に置いておけば保存もきくので、
簡単な保存食でもありました。

当然・・・・甘いわけでもなく(笑)
現在の私たちが想像するプリンとはかけ離れたものでした。

18世紀終わり頃にフランスでは才能のある、シェフが沢山出てきて、
今のデザートのプリンを作り上げたといわれています。
卵にミルク、砂糖、そして香り付けのバニラ、さらにカラメルをのせるという手法はフランスで出来上がりました。
偉大なフランスの料理人オーギュスト・エスコフィエの辞書には
今と基本変わらないプリンの作り方が書かれています。

ちなみに、フランス語のcrème renversée au caramelのrenverséeとは???
renversée(ランウェフス)とはフランス語で、ひっくり返した、という意味があり、
出来上がったものを逆にしてお皿に盛り付けるところからついた名前だそうです。

材料
キャラメル
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・50cc
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・150g
ぬるま湯・・・・・・・・・・・・・50cc

プディング
牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・400cc
バニラのさや・・・・・・・・・1本
全卵・・・・・・・・・・・・・・・・3個
卵黄・・・・・・・・・・・・・・・・1個
グラニュー糖・・・・・・・・・80g
バニラエッセンス・・・・・・適量

キャラメル
①鍋に水と砂糖を入れて、混ぜあわせます。
Cimg0654

②中火にかけ煮詰めていき、色着いてきたら弱火にします。
Cimg0655 Cimg0656

③キャラメル色になればすぐに火からはずし、ぬるま湯を入れます。
Cimg0657

④用意した型にあらかじめバターを薄く塗っておき、キャラメルを分けて入れます。

Cimg0651 Cimg0660

プディング
①バニラを縦にさき、牛乳と共に鍋に入れて沸騰直前まで温めます。
Cimg0650

②ボールに全卵と卵黄を入れ溶きほぐし、砂糖を加え混ぜ、バニラエッセンスを加えます。
Cimg0652 Cimg0661

③そこに少し温度がさめた牛乳を2~3回に分けて混ぜ入れ、砂糖を溶かします。
注:卵なので、よくかき混ぜながら混ぜましょう。
Cimg0662

④目の細かいザルで漉します。
Cimg0663

⑤容器のキャラメルの表面が固まっていれば、プディング生地を等分して入れます。
Cimg0664

⑥バットなどに容器を置き、容器の半分が浸かる位の湯を注ぎ160℃のオーブンで15~20分蒸し焼きにします。

Cimg0666

粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やしてから型からぬいて下さい。

もちろん!熱々のプリンをそのままいただいてもOKです。

本当に美味しいですよ(*^_^*)

分量はあくまでも参考の目安なので、
好みに応じて作ってみてください。

東北・関東大震災により、被災された方々に

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復興を、心よりお祈りしています。

にほんブログ村 料理ブログへ←ポチッと押してくれると、私のポイントになる仕組みになっています。帰りがけに応援ポチッ、よろしくお願いいたします。ペコリ

にほんブログ村

|

« アクアコッタ(伊Acqua cotta) | トップページ | ピッツァ・ビスマルク(伊Pizza Bismarck) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりになっちゃって、すみません。
プリン、最近のとろける系より
こういう卵がしっかりしたのが好きです~。
なめらかでおいしそう!
フランスというとクレームブリュレって感じですが、
プリンもフランスで完成されたんですね~。

ぽちっと。

投稿: fanifani | 2011年5月 7日 (土) 10時21分

ご無沙汰しています。

プリンって 昔は甘くなかったの?
っていうか・・・改良されて今のプリンになったのかな?

プリン!
大人も子供も大好きですよね。
カラメルを作るのが面倒だったりするのですが
今は便利なカラメルタブレットなんかも売っているので 作る気力さえあれば作れるおやつのひとつ。
今は その気力がなくて(笑)
見てるだけなんですが・・・^m^

オーブンで蒸し焼き♪
プリンっていろいろ作り方があるけど 私もはオーブンで作るプリンが一番すきです。

投稿: バリ猫(ゆっきー) | 2011年5月 7日 (土) 15時25分

ああ~プリンだ!私のフレンチ時代の一番最初の頃、カラメルの練習をして何度も失敗してました!
なつかしいです(^_^;)
最近こういう素朴な昔の製法のプリンを出すお店、減ってきている気がしますね。きをてらったメニューがおおくて。
いいですね、手作りのプリン!ポチッと!

投稿: creamat | 2011年5月 7日 (土) 16時44分

ひろさんsunこんにちはdelicious
プリンが保存食なんて想像つかないですsweat02
でも 手作りはやっぱりおいしいdelicious 最難関はカラメルsweat02sweat02ですが…
応援ポチッsign01

投稿: メープルまま | 2011年5月 8日 (日) 10時51分

わぁ❤プリン❤
はやりのとろとろプリンより、昔ながらのめのプリンが好き。
でも、プリンが保存食だったなんて・・・。

投稿: Asu | 2011年5月 9日 (月) 21時24分

ひろさん、こんにちは。

プリンってそんな歴史があったんですね。
私はまた、最初から甘いお菓子として誕生したのだと思っていました。
いつものことながら勉強になる~。

子供の頃、ハウスの粉を溶かすプリンを買って作って「どうして売ってるプリンと味が違うのだろう?」と思っていました。
この手間ひま考えたら、粉溶いて固めてできるものではありませんね。

私はとろけるプリンしか作ったことないんです。

投稿: なめっぴ | 2011年5月12日 (木) 02時26分

こんばんは!ご無沙汰でしたが!
お元気そうですか!?
震災の影響などは大丈夫でしたでしょうか?

プリン・・・大好きです!
本当においしそうですね!
以前に作った事のある・・・イギリスのプリン・・・
というかベイクドカスタードと書かれてましたが
おいしいプリンとはちょっと違う感じでした!

私も忙しく・・・ご無沙汰になったりしますが
また、お邪魔させて頂きます!

投稿: みえ | 2011年5月13日 (金) 21時30分

ひろさんこんにちは、
すみませんご無沙汰してしまってます。
ああ~美味しそうです。実はいろいろあって
ちょっと疲れております。そんな時はこんなプリンを
食べたらきっと疲れが取れますね。
たべたいな~。
ご馳走様でした。
その後はご実家はいかがですか?

投稿: conon | 2011年5月16日 (月) 16時45分

こんばんわ(^^ゞ
お久しぶりです。
THEプリンって感じですね~。
いやーー美味しそうですheart
「昔ながらのプリン」shine
食べたいですーーー。
勝手に命名してしまいました(笑)

投稿: ゆりりん | 2011年5月16日 (月) 20時58分

こんにちは~、
訪問ありがとうございます。
きっと忙しいだろうに、、、、と思うと
来てくれてめーーっちゃうれしいのと同時に
申し訳なくって(;;;´Д`)
でもありがとう!

この記事、以前もみてシンプルなレシピでいいなぁと思っていました。
再度みて、、、、心がグラグラっと。。。
また夜中に作っちゃうかもしれません。
そうすると、、、、、
「真夜中のプリン」でしょうか。
ちょっと妖しいかなぁ。(笑)

投稿: Kazuko | 2011年5月19日 (木) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536006/51588143

この記事へのトラックバック一覧です: カスタードプディング(仏crème caramel)(仏crème renversée au caramel):

« アクアコッタ(伊Acqua cotta) | トップページ | ピッツァ・ビスマルク(伊Pizza Bismarck) »